このところ、もう梅雨が明けたのかしらと思いたくなるような良いお天気と暑さです。
一昨日から夫がラリーに参加するため北海道に出かけていますので、一人で二匹連れての朝散歩。

我が家のあたりは名残りのあじさいが
まだきれいに咲いてくれています。

なんとか犬達とあじさいを一緒に撮ることに成功!  一瞬ならじっとしていることも可能。

それにしても二匹ともハァハァ、ゼィゼィ、舌がベロ〜ン。
ますます暑くなるこれからの季節は本当にかわいそうな犬達です。
散歩スタートも夏時間に変更し、冬場より30分早めているのですが‥あまり効果なし。
家に戻る頃には、犬も人間もヘロヘロになってます。

それでも、また明日の朝は散歩催促激しいんだろうなー。


今日は我が家の菩提寺、北鎌倉 禅居院の施餓鬼会でした。
毎年7月7日にお盆のご先祖供養と合わせて行われます。
去年の施餓鬼会の様子をこのブログで見た娘が大勢のお坊さんによるお経に興味を持ち今年はぜひ行きたい!
という事だったので義父と娘と私の3人で出かけました。(母は他の予定があり欠席)
最近はお墓事情も変わり、お寺さんもいろいろと考えるようで、禅居院も「樹木葬」なるものを作ったそうです。
そのせいか、檀家さんも増えて今日の施餓鬼会はとてもたくさんの出席者でした。
‥‥で、始まった施餓鬼会はいつも通り近隣の臨済宗のお寺の和尚さんがたくさん来て下さり‥‥20人!
いつものことながら20人のお坊さんによる読経はかなりな迫力です。
今年もありがたいお経のシャワーを浴びさせていただきました。
これを楽しみにしていた娘も大満足!‥‥時間を作って来た甲斐があったようです。
今日の法話は、鎌倉報国寺の和尚さんのお話しでした。
施餓鬼‥という事の意味から、私達が日々食事をいただける事は当たり前の事ではなく有り、難い、事。
洋服を着ていられることも当たり前ではなく有り、難い、事。
そして今生きていられる事こそ当たり前ではなく、有り、難い、事。
‥‥というお話し。
そしてもう一つは、「施し」について。
金品を施すという事ではなく日々の生活の中で接する人々に暖かく優しいまなざしをそそぐ事こそ何よりの施しである、というお話しでした。
普段の生活ではこのようなお話しをうかがう機会もあまりなく、今日は良いお勉強になりました。
施餓鬼会の後はお墓にお参りし、大広間でけんちん汁とお弁当をいただきました。
お天気も良く、いつもきれいに手入れされたお寺のお庭を眺めながら、とても良い時間を過ごさせていただきました。
今日は娘も一緒でさらに嬉しいお施餓鬼会でした。



7月になった途端に猛暑日!だとか 台風上陸! だとか すっかり夏本番の気配ですね。
それにしても、急にこう暑いと本当に体がついて行かないのです。
歳のせいでしょうか‥‥。
いろんな事に対するやる気も失せてしまって‥‥。

しかし‥‥こんなことではいけない!
‥‥と、思いなおしガーデニングの続きをするべくお花の苗を買ってきました。
でも、夕方近くなって少し涼しい風が吹き始めてから‥‥。
今日の仕事 ①
涼しげに‥を意識して白と紫のペチュニアを中心にいちごの葉っぱやツタのグリーンを合わせました。
今日の仕事②
今一番お気に入りのバスケットに入れたお花はグリーンと白だけでまとめた爽やかな寄せ植えです。
お花は手前真ん中がペンタス。
奥左が白の千日紅。
奥右がユーフォルビア。
あとは、ずーっと使い続けているいちごの葉っぱとへデラの緑です。
左端に見えている斑入りの葉っぱは名前がわからない のですが、いい感じに使えて良かった〜。
今日の仕事③
前回仕入れてきたお花で作った寄せ植え。
名前のわからないお花が多くて‥‥。
雑居状態でちょっとまとまりがないかな〜。
‥‥とこの辺で、蚊の攻撃が始まり、終了〜!
次回に持ち越しです。




↑このページのトップヘ