「小樽雪あかりの路」。小樽の運河や古い街並みをろうそくのあかりで優しく照らす・・・という、すべてボランティアの方々による寒い中にも心あたたまるイベントです。今年で13回目の開催だそうですが、私達は今回初めて出かけました。 夕暮れ近くになると、ボランティアのみなさんが一斉にろうそくにあかりを灯します。いろいろと思考をこらした、雪のオブジェに火が入り、その姿が浮かび上がりそれはそれはきれいです。 市民のみなさんの小樽を愛するあたたかい気持ちが伝わってきます❤ 運河の水面には古い漁具をモチーフにした、浮き玉キャンドルが浮かべられます。古い倉庫群が優しい光に照らし出されてとても幻想的。 海太は何に興味があるのか・・・身を乗り出して、今にも運河に飛び込みそうな姿勢です。 こちらは旧手宮線会場。廃線になった鉄道の跡地です。市内のいろいろな場所に「雪あかりの路」があります。 少し歩くと、歴史的建造物がたくさんあります。上は旧日本銀行小樽支店。下は旧三井銀行。明治時代後期から昭和初期にかけて小樽は北のウォール街と呼ばれ発展した街だったそうですから、石造りの立派な建物が多い事もうなづけます。カメラに収めたい、歴史を感じさせる街並みが続きます。 すっかり陽が落ちて、運河までもどってみると・・・夕暮れ時とはまた違った景色になっていました。 これも素敵です! こちらは小樽中心部から少し離れた朝里川温泉会場です。自然味あふれる川の中に「雪あかり」。情緒たっぷり・・・静かに雪あかりを楽しみました。 もちろん、温泉にも入って暖まってきましたよ~♨

今回の小樽滞在で、娘が一番楽しみにしていたのが乗馬です。 彼女は以前夏に来た時に体験し、とっても楽しかったので今度はぜひ雪の中で・・・と思っていたようです。前回UPしたスキー場のお隣にこのホースランチがあります。数日前から予約してあったので、この日が晴れてくれることを心から祈っておりましたが・・・ごらんのとおり!!ピッカピカのお天気。 夫は実は馬が怖い(なにやら、子供の頃のトラウマ??だとか・・・)ので「海太と待ってるよ・・・」と言っていたのですが、急きょ近くに住んでいるお友達も参加することになり、みんなに勧められて、意を決して馬に乗る事に・・・。 お友達と娘以外は初心者なので、まずは、スタッフのお兄さんの講習を受けます。 お馬さん達はとても良く躾けられていて、お利口なので、とても上手に私達を乗せてくれます。 簡単に乗り方教えていただき、さあーホーストレッキングに出発!! 小川を越えて隣の山の頂上まで、雪の中をざくざく歩きます。お馬さんの背中にもだんだん慣れてきて、動きに体を任せる事ができるようになると・・・まわりの素晴らしい景色も目に入って来ます。何の足跡もない雪原が美しい。 山頂に行くと石狩湾が見えて、この日は対岸の暑寒別岳も望めます。本当に良いお天気に恵まれました。 帰りに小川でお馬さん達にお水を飲ませます。この頃になると少しは気持ちも伝わって、とても可愛くなってきます。 約一時間のトレッキングが無事終わり厩にもどってきました。 「馬たち、たくさんほめてあげて下さいね~」というスタッフのお兄さんの声にうなづきながら、「お疲れ様~!ゴンちゃんありがとう!」私が乗せてもらったのは、ゴンちゃんです。それぞれかわいい名前が付いていて、性格もみんな違うのだとか。 娘が乗せてもらったのが「トッティーちゃん」。娘はめいっぱい感謝の気持ちを伝えています。 馬も犬も人間もみんな生き物、信頼しあうことが何より大切ですよね! ゴンちゃん、素晴らしい体験をありがとう!

先日の3連休、久しぶりに行った冬の小樽での事・・・まずは、スキーです。 ログハウスのすぐそば、車で5分ほどのところにこのスキー場があります。小さいけれど景色も良いし、急斜面あり緩斜面あり・・・そして何より近い!!見えている海は石狩湾。↑写真の中央より少し左あたりにログハウスも見えます。本当に、見晴らしが良くて気持ちいいスキー場です。 夫の転勤で小樽に来たばかりの頃は、まだ子供もいなくて、毎晩、夕食後、ここのナイターに通っていました。子供たちも歩けるようになった次のシーズンには、ここでパンダの絵がついたミニスキーを履きました。 今回は久々にKAZUKOさん一家とご一緒にみんなでスキーを楽しみました。 予報ではこの3連休、北海道地方は大荒れ・・・ということでしたので、とーっても心配していましたが、雪は夜の間に降ってくれて、スキーをするには絶好のコンディションでした。そして、ゲレンデからの眺めも最高!

↑このページのトップヘ