11月も半ばを過ぎ、いよいよ晩秋・・・という時期ですね。鎌倉も紅葉が進んできました。 我が家の狭い庭にそびえたつ、けやきの木も葉っぱがいい色になってきました。海太が走りまわり、普段はさつばつとした庭もこの時期は落ち葉におおわれます。庭に何かシンボルツリーになるような木を植えようと、数年前に夫と相談して、「四季折々の変化を楽しめる落葉樹がいいね!」とけやきに決めたのでした。春の新緑、夏の濃い緑、秋の紅葉といつも私達の目を楽しませてくれます。背丈も大きくなり、シンボルツリーとしての存在感も十分になりました。 が、このたくさんの葉っぱが冬までにぜ~んぶ落ちて、落ち葉になるのです。自然の中なら何の問題もないのですが・・・。 はらはら、ぱらぱら、と落ちた葉っぱは家の庭だけにとどまらず、風にのって、あちらこちら・・・うちのけやきの葉っぱだらけ。普段はいつもきれいになっているご近所の通りなので、知らん顔するわけにもいかず・・・。せっせと落ち葉掃き。掃いてるそばから、また、はらはら、ぱらぱら・・・。きりがないのですが、「姿勢が大事、姿勢が大事・・・」と自分に言い聞かせながら、毎日一回は外に出て、落ち葉掃きを楽しんでます。

11月も半ばになり秋が深まってきましたね。紅葉前線の到来が待ちきれなくなった私は昨日、箱根に行ってきました。 前日の天気予報では晴れ、箱根の紅葉は見頃です・・・ということだったので、決行!しました。いつも、箱根は車ででかけていますが、今回は電車です。まずは東海道線で小田原まで。小田原からは箱根登山電車、ケーブルカー、ロープーウェイと乗り継いで、芦ノ湖に出るルートです。 紅葉を見るために箱根に行ったのは初めてでしたが、まず、人出の多さにびっくり!!すべての乗り物の乗り場は長蛇の列。ディズニーランドのアトラクションのように、た~くさんの人が並んでいます。一瞬、ひるみましたが、ここまで来たのだから・・・と覚悟をきめました。 写真はロープウェイから撮ったものです。山全体が秋色に変わっています。 標高が上がるにつれ、赤や黄色のあざやかな木々が増えてきて、それはそれはきれいでした。「わぁ~きれい!」とか「わぁ~すごい!」とかみんな口ぐちに感嘆の声! 予報では晴れるといっていたお天気が・・・どうも少しはずれたようで、雲が薄くひろがっていて、いつになっても太陽が出てきません。ごらんのとおり、富士山もかすんでいます。 ロープウェイを途中下車して、少し歩いてみました。左手の山の途中に見えているのは、大涌谷の噴煙です。すすきもあり秋らしい山の景色です。 最後は箱根美術館のお庭のもみじです。緑から真っ赤へのグラデーションがきれいでした。箱根の紅葉を堪能!の一日でした。太陽が出ていたらもっとあざやかだったかも・・・と思うと少し残念ですが、それは又来年のお楽しみということにしましょう!そして来年は平日にね!

今日は11月11日ということで、ちまたでは「ポッキーの日」とか「介護の日」とか言われていますが、我が家にとっては、「奈々の日」です。 ここには初めて登場します、うちのワンコ奈々です。去年の今日、天国に旅立ちました。なので、11月11日は「奈々の日」。 海太と同じ犬種、ブリタニースパニエルです。血統書をたどっていくと、数代前に同じ親犬の名前があるので、まあ遠縁っていうとこでしょうか。奈々が10歳の時に海太がうちに来たのです。 奈々は赤ちゃんだった海太を良く面倒みて、しつけてくれました。きびしく、やさしい、お姉さんでした。(海太にもこんな小さい時があったのです・・・)奈々と海太は3年半一緒に暮らしました。 去年の夏一緒に北海道に行った時の写真です。奈々はうちの子供たちと同じ北海道生まれ。かけがえのない大切な家族の一員でした。体験されている方も多いかと思いますが、一緒に暮らしたペットとの別れはとてもとても、辛く悲しいことですね。今朝、夫に「今日は奈々の日ね。」と言うと「うん」と短い返事。まだまだ、奈々の事を思い出すと涙が出てしまうのです。奈々が眠っているところに、うすむらさきのビオラを植えました。奈々、たくさんの思い出をありがとう!

↑このページのトップヘ