週末の食卓は、まずおいしくお酒をいただくためのアペタイザー的な一皿を何にするか‥‥から。
今回はスーパーの鮮魚売り場でいきのいい真鰯を見つけたので、これを使っていわしのマリネを作りました。
お買い物から帰ったらすぐに3枚に下ろして、軽く塩をして冷蔵庫に入れておきます。
5時頃になったら、いわしの表面の水分を取り、皮をひきます。
後は食べやすい大きさにそぎ切りにして、みじん切りにした、玉ねぎ、ニンニク、パセリと塩こしょう、酢、オリーブオイルを合わせたマリナードに漬けて置くだけです。
いただく時にお好みでパクチーや唐辛子オイルなどの辛味を添えるとますます美味しい〜!
そしてメインは一応これ ↑ 。
特に名前はありませんが手羽先焼き、かな?
元は義母の料理で岡野家では昔からよく食べていたメニューです。
義母は手羽先崇拝者?なのです。
どちらかというと肉系はあまり好きではない義母なのですが手羽先だけは別。
美容と健康にとてもとても良いと思っているようなので手羽先は定期的に出すようにしています。
うちのやり方はまずネギの青い部分、生姜、ニンニクを入れたヒタヒタのお水で手羽先を茹でます。
中まで火が通ったら、お湯からあげて塩こしょうし(茹で汁は後で使います。)フライパンでこんがり焼き色がつくまで両目焼けば出来上がりです。
テフロン加工のフライパンなら油は必要ありません。
茹でてあるので身離れも良くて柔らかい‥‥けれど皮はカリッとして美味しいですよ。
当然茹で汁にはチキンのエキスとコラーゲンがたっぷりなので、カブとカブの葉っぱとエリンギを入れてスープ煮に。
すりおろしレンコンでトロミをつけて薄味に仕上げスープは残さずいただけるように。
私はどちらかというと手羽先そのものよりもこのスープ煮が◎!
コクがあってお野菜がおいしくいただける優秀スープです。
そして箸休めには、夫の好物でヘルシーな白和えを!
一週間お疲れ様〜の気持ちを込めた週末メニューでした。