「住宅ローンの金利について‥‥」という超現実的なお話です。
我が家が土地や家を購入した19年前の住宅ローンの金利はとても高くて2.475%でした。
その後、住宅ローンの金利が下がった、とは聞いていたものの「今ローンを組む人はいいなぁ」くらいにしか思ってなかったのです。
でもこの年齢になって、老後の事を考えるようになると住宅ローンの残高が気になり始め‥‥。
遅まきながら興味が湧いてきたという次第です。
で、色々調べていると、ローンの借り換え、などという言葉が見えてきて‥‥。
銀行に問い合わせてみました。
我が家の住宅ローン金利と現在のそれはあまりに差があるので借り換えは可能なのか、と。
すると、その返事。
我が家の住宅ローンの場合、借り換えはできませんが、金利の変更は可能です、とのこと。
え?金利がそんなに簡単に変更できるの?っとびっくりしました。
無関心というか勉強不足というか知らないということはいけませんね。
数日後の電話で更にびっくり!
なんと2.475%の金利が0.775%になるというのです!
もっと早くアクション起こせばよかった‥‥。
単純に計算しただけで総返済額が数百万は変わってきそう‥‥。
ワクワク。

もちろん、早速手続きを進めていただくようにお願いしました。
数字がとても苦手な私ですが、こういう事にはもう少し積極的にならなければ‥‥というお話しでした。