4泊5日の帰省をひかえ、作り置きおかずをたくさん準備しました。
まずは根菜類の煮物。
お正月のお煮しめのようになってしまいますが‥‥おせち料理って早い話作り置きおかずですものね。
次はお決まりの手羽先さっぱり煮。
お酢で煮てあるから日持ちはばっちりです。
これもおばあちゃんが喜ぶ体に良い豚レバーの煮物。
ニンニク、しょうが、八角を利かせてちょっと中華風です。
かたまりで煮て、いただく時に薄くスライスしお好みでコショウ、マヨネーズを。
もう一つ肉系あったかおかず、ロールキャベツです。おじいちゃん、おばあちゃん用なのでお肉の中にジャガイモを少し忍ばせます。お肉の中からおじゃがが出てくると喜んでくれるのです。
そしてこれこそ、おせち料理の代表格、なますです。
みどりの物はアスパラガスの焼きびたし。網で焼いて薄いお出しに浸けます。
最後は日持ちがとびきり良い、スライス玉ねぎとハムのマリネ。きゅうりのピクルスをアクセントに入れてます。

おばあちゃんはそんなに色々作らなくて大丈夫よ〜と言ってくれるのですが‥。
あれこれ考えているうちに増えちゃって‥‥。
次々料理が出来上がるのが楽しいのです。

留守をさせていただく間の準備が終わり、おばあちゃんによろしくね〜とお願いして新幹線ー近鉄を乗り継ぎ‥‥。
この景色が車窓に広がるともう間も無く伊勢に着きます。