夫の会社が初めて主催させていただいた「Classic Japan Rally 」が無事に終了しました。
普段家でのんびり過ごしている私ですが、スタッフとして3日間、足手まといにならぬよう‥‥頑張って手伝いました。
箱根から戻り、疲れもとれてやっと普段の生活に戻っています。

今回、参加者の皆さんが宿泊された富士屋ホテルの写真を娘がいろいろ撮ってくれていたので、お見せしたいと思います。

「古いものを大切にする」という共通の価値観をお持ちのクラッシックカーラリー参加者の宿泊に最適と、主催者が選んだのがこの富士屋ホテルです。
趣きのある建物やエントランスに古い車がよく似合います。
開業したのが1878年(明治11年)といいますからなんと140年近く経ってます!

一歩ホテルに入った瞬間から古き良き物への感動で何とも言えない気持ちになります。
宿泊された事のある方はよくご存知かと‥‥。
↑ これは今回パーティーが行われたカスケードルームという大広間のステンドグラスです。
素敵です。

廊下などホテル内の何げない窓枠やガラスなどにも細かい細工がされています。

階段も芸術作品。

グリルの入り口は重い回転ドア。
こちらは客室の窓です。
洋間ですが、障子があります。
ここは夫が泊まったお部屋、子供達が見たいというので見学させてもらいました。
お部屋のキーホルダーは箱根の伝統工芸品の寄木細工です。

お庭には鯉が泳ぐ池もあります。
お部屋もいろいろなタイプがあるようで興味深いです。
スタッフとして表彰式の準備を手伝いながらの館内見学だったのでまだまだ見足りない所がた〜くさん!

ところが!
この富士屋ホテル!
来年の春から改修工事のため2年間の休業に入るそうです!
国の登録有形文化財にもなっている本館などに耐震補強工事を施すほか、老朽設備を刷新するとか‥‥。

現在のこのレトロな良さが失われてしまわないか‥‥。
ちょっと心配ですね〜。
やっぱり一度は今のうちに泊まりに行きたい!
という結論に達しました。