夫のジャケットをお直ししました。
うちの夫、ご存知の方もいらっしゃると思いますが、身長が低いのでぴったりサイズの洋服がなかなかなくて…。
もちろん、Tシャツとかアロハ(我が夫アロハ率かなり高めです)とかジーンズなら問題ないのですが、カジュアルでもちょっとコットンジャケット…とかになると袖が長い、着丈が長い、になり困ってしまうのです。

今回のこのコットンジャケット。
もう一年くらい前に購入したのですが、やはり袖丈、着丈ともに直さずには着られず、陽の目をみていませんでした。

ところが急に着る!という事になって慌ててお直ししました。
身頃には裏地がなく着丈は簡単に直りそう。
短くする長さを決めたら、縫い代をのこしてカット。
打ち合わせの部分は裏返して見返しと中表にして縫い直します。
縫い直したのはこの部分。
着丈はこれで6.5センチ短かくなりました。
問題は袖丈です。
お直し前はこんなふうにずいぶんと手の込んだ袖口になっていて…。
この袖を短かくするって…⁇
頭を抱えてしまいました。😵
このボタンホールを何とか使いたいと四苦八苦しましたが、どうしてもうまくいかず…。
最悪の結果に💦なってしまいました。😱
この袖口!😩
ボタン開きもなくなり、いろいろ試した事が裏目に出て何故か意味のないパッチワークのように…。
大失敗です!
夫様ごめんなさい🙏

こういうお直し難しいです…。
でも、優しい夫は「いいよいいよ、そんなとこ誰も気づかないよ。」ですって😭
とにかく長すぎる着丈、袖丈じゃあ着る事が出来ないんだから…という事らしいです。
本当にいい人です。

それにしてもこの大失敗にちょっと落ち込んでます。⤵︎