2011年04月

先日、東京に居る娘から連絡があり、先輩の結婚式に出席するのに、着物を着たいと言う相談。 着物や浴衣が好きでときどき着たがる娘です。 私も着物が好きですが、このところぜんぜん着る機会もなく、着物は実家に預けっぱなしになっています。 そこで、実家で着物の管理をしてくれている、姉にお願いして、私の若い頃の付け下げを送ってもらいました。忙しい姉に甘えっぱなしの私、妹です。すみません。 包みを開けると、懐かしい着物が目の前にあらわれて・・・30年も前のものとは思えない鮮やかな色と美しさ。模様の色使いもとても繊細です。改めて、着物ってきれい・・・と思ってしまいました。(きちんと管理してくれてる姉に感謝です。) 着物はりっぱな日本の芸術品ですね。 普段は日本的な物とはかけ離れた・・・ような娘ですので、まわりの方々にはかなり驚かれたようですが、「なかなか好評だったよ!」という嬉しい報告でした。 これは、姉が着物と一緒に送ってくれた、「生姜糖」。昔からの伊勢の名物です。ほんのり、生姜のかおりがする、お砂糖のかたまり・・・。・・・なつかしい・・・。 他にもいろいろと、伊勢の名物を入れてくれて、下宿生活をしていた学生時代に母から送られてきた小包みを思い出してしまいました。姉の心づかいにほろり・・・な瞬間でした、ありがとう!

トネリコの花が咲きました。 緑のカーテンのようになって欲しいと思って玄関先に植えたトネリコですが、思っていたほど成長してくれなくて、いつもちょっと元気控えめ。 落葉するタイプのトネリコなので、春先になると、そろそろ葉っぱが出てくるかな~と毎日観察です。 今年も葉っぱが少し大きくなってきたところで、花を咲かせてくれました。一面に・・・とまではいきませんが、いくつか、ほわっと・・・がんばってくれました。 早いもので、明日からは大型連休がはじまります。 東北地方もお花のきれいな季節になってきたでしょうか。 避難所生活に少しでも一時でも笑顔が咲けばと思って縫った、お手玉、第二弾です。 私の好きなプロバンス風。 こちらは、ぐっとシックな和風生地で。 被災地に運んでくださるおもちゃ屋さんに託します。

前回UPしてから10日ほどたった我が家のけやき。 あっという間に、こんな鮮やかな新緑になりました~。葉っぱも大きくなり、こんなにたくさん! きらきらかがやいて、本当にきれいです。半月前は葉っぱ一枚なかったのに・・・力強い生命力を感じます。 明るい季節になってきたから・・・というわけでもないのですが、久しぶりにミシン仕事しました。 これからの季節、海や山で過ごす時間が多くなることを考えて、少し長め丈のパーカーです。 日中は暑くなる春夏も、朝や夕方は意外に肌寒いので、綿のニット素材で作りました。 風の強い海岸に居る事の多い私には必須アイテムなのです。フードも付けましたよ~。 後ろはこんな感じです。 さて、間近に迫った連休には出番があるかな・・・?

今週は火曜日に両親が旅行から帰ってきて、水曜日に夫が出張から帰ってきて・・・普段の生活に戻りました。 気付いたら金曜日です。 朝、出勤する家族を見送ったら、そのまま、家に入らず、お花達の様子をぐるっとチェックします。お水をあげたり、花殻を摘んだり・・・。ビオラはたくさんあるので、花殻を摘むのに、とても時間がかかります。この花につぼみがついた~とか、そろそろ終わりかな~とか、うん、きれい、きれい、とか、とても好きな時間です。 そういえば子供だった頃、実家の母がよく庭の花壇の中を花殻を摘んだりしながら歩き回っていたのを思い出しました。同じ事やってる~と今気付きました・・・。 今は亡き、実家の父もお花や庭仕事が好きで、父と母はよく仲良くお花の話をしていたものでした~。 そしてこの花が2~3日前からやっと開花しました! 野の花ような、小さいけど強い、自然味たっぷりのこういう花が大好きです。 去年苗を1ポット買って、植えたのが初夏だったのですが、秋冬の間にこんなに増えて、お花もたくさん咲きました。 買った時の名前を忘れてしまいましたが、調べてみると、嫁菜の一種のようです。 庭一面こういう花がいっぱい!!というような広いお庭が欲しい・・・。

あっという間に4月も半ばになり、ぽかぽか陽気の日が増えてきました。 夫の両親の旅行と夫の出張が重なり、子供たちも帰ってくる様子がなく、この週末は、ホントーに珍しく、ひとりぼっちでした。 長年、一人になることがなく、よくよく考えてみると・・・もしかすると、25年ぶり??くらいかもしれません。 はじめは、一人でどこかお出かけしようかな~と思っていましたが、いざ一人になってみると、なかなかどこに行くかも決められなくて・・・ちょっと情けない・・・。 結局、海太とちょっと遠出のお散歩、となりました。(いつもとたいして変わらない・・・。) 鎌倉の源氏山公園~銭洗い弁財天あたりを歩きました。ここは桜の名所ですが、染井吉野はほぼ終わり、八重咲きの少し色の濃い桜がきれいでした。 菜の花もたくさん咲いていて、桜色に慣れた目にはとても新鮮でさわやかでした。 こちらが銭洗い弁財天の入り口。このトンネルの向こうに神社があります。洞窟内の湧水でお金を洗うと、お金が増える、と信じられているそうで、いつもたくさんの人でにぎわっています。(むかし、洗いましたが、あまり効き目はありません・・・。) けっこう歩き、私の方が疲れてしまったので、ひとやすみ~。 疲れ知らずの海太はなにやら興味のある方を凝視・・・。 夕方、娘に「今日は何してたの?」とメールしてみたら・・・行間にさみしさがにじみでていたのか、夜になってから、いっしょにご飯食べよ~と帰って来てくれました。 あり合わせの夕食でしたが、娘とおしゃべりしながらの楽しい時間となりました。 娘は今朝5時起きで出勤して行きました~ありがとう。

↑このページのトップヘ