2013年04月

初夏の様な陽気になった今日、7月号のファッション撮影がありました。 早いもので、もうこんな軽やかなファッションがぴったりの季節になるのですね~ 久しぶりにご一緒した宮方さん、いつもと変わらない余裕の笑顔とポージング!健在でしたよ! そして、こちらは今回はじめてご一緒した、今年のゆうゆう読者モデル、五十嵐さんです。 ご本人は初心者で・・・なんておっしゃっていましたが、いえいえどうして、とても自然で素敵でした。 彼女がはいてる柄パン・・・今年たくさん出ているようですが、これからの季節には良さそうですね。 みなさんもぜひトライしてみて下さい!気持ちが明るくなってうきうきしてきそうですよ~ 靴達もとってもきれいな色で華やかです。 そしてやっぱり、かかとの高い靴は足がとってもきれいに見え・・・全体もバランスよく素敵になりますよ~ ついつい歩きやすさ、疲れにくさなどを優先してしまいがちな私達・・・たまには、がんばってこんな靴はいてみてはいかがですか?? 背筋が伸びてシュッとしますよ~!!

ここ数日、八百屋さんのおじさんが勧める旬の味がこれ。 ふきです。 最近、近隣の生産者が少なくなって、品薄だとか。 「今、煮ないとなくなるよ~」というおじさんの言葉に背中を押されました。 油揚げと一緒にかつをだしで薄味に煮ると、ふき独特の香りが楽しめるおいしい煮物になりました。 こんなおかずが、最高・・・と思える年になったのだな~とつくづく感じるこの頃です。 そして、今回は八百屋さんのおばさんに教えてもらった、ふきの葉のつくだ煮に挑戦してみました。 ふきの葉っぱは良く洗って茹でたら、水にとってしばらくおいて、あく抜きをします。 あくが抜けたら、細かく刻んで、しぼり、少しのごま油で炒め、お醤油、みりん、酒でお好みの味付けをして、仕上げにごまをちらしてできあがり! これがとってもおいしかった! ほろ苦さもちょっとあり、ふきの香りもとてもよくて、ごはんにぴったりだし、ちょっとつまんでお酒にも合うかも・・・。 ふき本体に勝るとも劣らない、ふきの葉のつくだ煮。 作ってみて良かった~。 これまで捨てていたのがもったいなかったな~というくらいのヒット作でした。 八百屋さんのおばさん、ありがとう!

今年2度目のたけのこです。 この時期にしか食べられないものは、やっぱり食べておかなければ・・・と思い、いつもの八百屋さんに行って、たけのこご飯にしようかな~豆ご飯にしようかな~とつぶやいたら・・・ 八百屋さんのおじさんが、「今日は今朝掘ったたけのこが入ってるから、たけのこご飯の方がいいよ~」と。 ではそうしますと、たけのこご飯に決まり。 本当はたくさん炊いた方がおいしいんでしょうが、高齢者4人ではそんなに食べられないし・・・。 結果、たけのこた~っぷり! こまかくきざんだ、油揚げも入れました。 たけのこがほんのり甘くてやわらかくて、ほんとにおいしかった~! ついつい食べ過ぎてしまいがちな炊き込みご飯系。 あとのメニューは、なるべく低カロリーに、ふろふき大根とこんにゃくをゆずみそで。 ほっけの干物。きゅうりとわかめの酢の物。とろろ昆布のお吸い物。 以上、純和風のお夕飯でした。

 ↑ こんなものをいただきました。 「亀の手」というものです。 貝のような・・・フジツボのような・・・不思議なもの・・・。 正しくは甲殻類で、磯の岩と岩のすき間や、くぼみに寄り添うようにくっついているそうです。 亀の手にそっくりなのでこの名前がついたそうですが・・・そもそも亀の手をじっくり見たことがないので何とも言えない・・・確かにそう言われてみればそのような気もする・・・。 さっそく、ネットで食べ方を検索して、塩ゆでにしてみました。 爪のようになっているところとわると、中から貝の身のようなものが出てきてここを食べるそう。 食感は、しこしこ、貝の一部のようで、磯の香りがしてなかなか珍味。 みそ汁にいれるとおいしいだしが出るそうです。 それにしても、これを最初に食べた人はすごい・・・。

我が家のけやきは、ただいまこんな感じに新芽がでています! 去年にくらべると、やはり1週間ほど早いかも・・・。 今朝はお天気も良くて、開いたばかりの葉っぱの淡い緑がきらきら光ってきれいでした。 このお天気にさそわれて、お布団を干したり、大物の洗濯をしたり・・・。 大忙しの結果、我が家の狭い庭は干しものだらけ・・・。 けやきの木の全体像をお見せしたいと、引いてみましたが、いろんなものが写り込んでしまって、残念ながらお見せできる写真がとれませんでした(^_^;) 明るい季節になったことですし、滞っていたいろんなことを少しずつやらなきゃ~という気持ちになってきました。

↑このページのトップヘ