2013年12月

DSC_0191 今年も残すところあと1時間をきってしまいました。 今年こそ、ゆったりと年越しをしたいと思っていたのに・・・。 やっぱり、最後はバタバタになっています。 まだ、バタバタしています・・・。 とりあえず、今年最後のブログをアップしようと、PCをたちあげました。 ↑ 写真は昨日の夕暮れ富士山です。 葉山の弟の家で、毎年恒例のお餅つき大会があり、朝からずっと葉山にいました。 たくさんのお客様がいらしてくださって、20キロのもち米が全部お餅になったころには、富士山は美しい夕景になっていました。 そして、今日は朝からやりのこしたいろいろの事をがんばってやっていましたが、結局まだフィニッシュしていません・・・。 まあそれはともかく・・・。 今年も、この拙いブログに来てくださった皆様、本当にありがとうございました。 変わり映えのしない私の日常ですが、来年も心に残った事、嬉しかった事、気になった事などを言葉にしていきたいと思っています。 これからもどうぞよろしくお願いいたします。 皆様、良いお年をお迎えくださいませ!        

DSC_0168 昨日28日は、お節作りの合間に、お寺さんに行ってきました。 お墓も新年を迎えるにあたって少しきれいにして、お正月らしいお花を入れて・・・。 ご先祖様にこの1年無事に過ごせた事のお礼を言い、よいお年をお迎えくださいねと、お参りしてきました。 大忙しの暮れの28日ですが、ほんの少しの時間ゆったりとした気持ちになれるお墓参りです。 お寺さんもこの時期は庭師さん達が植木の手入れをしたりして、お正月を迎える準備に忙しそうでした。 そして、帰りには ↑ この竹のお飾りをいただいてきました。 毎年、年末に庭師さんが境内の竹や千両などで作ってくれるそうで、この日にお参りに行くと分けてくださるのです。 とても風情があってお正月らしくて素敵でしょ? DSC_0170 今日作ったお節料理。 昆布巻きを巻き終わったところ~。 この後、昆布の戻し汁と酢でコトコト1時間ほど煮て十分柔らかくなってから味付けします。 DSC_0175 なます、準備中。 大きな三浦大根を1本全部刻みます。 塩してしんなりするのを待ってます・・・。 DSC_0176 田作り、完成。 これは、豊作を祈願する縁起ものということで・・・。 数年前、我が家にホームステイしていた留学生のマックスがこの田作りを見て、「目がこわい・・・」と言っていたことを思い出したりしながら・・・。 お節作りはまだまだ続きます。        

DSC_0158 この真っ黒な液体は何??っというかんじですが、これは大事な大事な黒豆ちゃんです。 今日からいよいよおせち料理作り開始です。 ちょっと早いかなとも思いますが、30日に毎年恒例のお餅つきの予定があり、そろそろ始めないと間に合わないのです。 そして、まずは黒豆を煮ることからはじめます。 DSC_0161 黒豆を弱火でコトコト煮ながら、同時進行で栗きんとんを作ります。 くちなしを入れて柔らかく煮たさつまいもを裏ごしし、栗の甘露煮の蜜を加えてねり、適度な甘さと柔らかさになったら栗を混ぜて出来上がり~。とても簡単! DSC_0165 そして、今日の3品目。 松風焼き。 我が家のお節料理の中で、子供から大人までみんなが大好き、一番人気の一品です。 なので、毎年多めに作ります。 鶏ひきにくをお味噌とお砂糖で味付けし卵、パン粉などを混ぜ、オーブントースタで焼くだけ。 上にのっているのは、白ゴマです。本来のレシピではケシの実でしたが、得意の臨機応変。ゴマにかえてしまってもう30年、十分おいしいです。 ここまでで、今日はタイムアップ。 ご近所の商店街で、野菜もののお買い物をし、お餅つき用もち米20キロを購入し、その他もろもろの年末仕事も・・・ この時期はこういった年末仕事をこなしつつ、日々の食事も作らなければならないわけで、頭の中が単純に出来ている私にはとても大変な事なのですが・・・。 明日も引き続きがんばりま~す!!      

DSC_0124 クリスマスが終わり、いよいよ今年も秒読み段階に入りましたね。 大晦日までにやるべきことがたくさんありすぎて、頭の中がぐるぐるしています。 まず、今日はクリスマスの飾りとイルミネーションを片付けて・・・、その後、お節料理の材料などのお買い物をしてきました。 そして、年末にやらなければいけない大きな事のひとつ。 毎年、後回しになり、最後に大慌て・・・になってしまう年賀状の準備です。 今年こそ・・・!と、先日の3連休にがんばりました。 ずっと以前から年賀状は手作りしていて、木版画だったり、ステンシルだったり・・・ここ数年はもっぱら消しゴムはんこです。 DSC_0131 DSC_0136 年末の忙しい時に何もわざわざ時間と手間のかかることをしなくても・・・と思ったりもしますが、長年の習慣でどうもやめられないのです。 元はといえば、こういうことが好きだった亡き父の影響かもしれません。 その証拠に、兄からも姉からも毎年、版画の年賀状が届きます。 今年はどんな絵柄にしようかな・・・と考える時、兄や姉に負けないような素敵な年賀状にしなきゃ・・・なんて年甲斐もなく、闘志を燃やしたりするのです。 で、今年は、大胆なお馬さん柄にしました。↑ かなり満足のいく出来上がりに、にんまりです。   この後、一枚一枚、宛名と一言を手書きし、やっと昨日ポストに投函しました。 元旦に届きますように!              

DSC_0151 今朝、まだ朝食をやっと終えた時間に、「ピンポーン!」。 宅急便のお兄さんが、荷物を届けてくれました。 開けてみると、娘からのクリスマスプレゼント!! 私たちと両親に4人分のかわいい包みです。 子供たちがいなくなって、高齢者4人の暮らしなので、一応クリスマスの飾りつけはしましたが、25日の朝の、プレゼントを開ける時の子供たちの歓声はありません・・・。 ところが、思いがけず娘からプレゼントが届き、高齢者4人は歓声をあげました! 時々こうやって嬉しいことをしてくれる娘です。 いくつになっても、プレゼントをあける時はわくわくしますね。 DSC_0153 私とおばあちゃんには暖かそうな可愛い腹巻(今風に言うとウェストウォーマー)、夫とおじいちゃんにはカラフルな靴下でした~!! この季節にはうれしい贈り物です。 おじいちゃんとおばあちゃんはニッコニコ! 思いがけず明るく楽しいクリスマスの朝になりました。 娘~!どうもありがとう!! DSC_0143 こちらはクリスマスイヴのごはんです。 気持ち、クリスマスらしいメニューにしてみました。 メインはチキンの狩人風。 どうして、狩人風と言うのか・・・よくわかりませんが。 カリッとソテーしたチキンをトマトソースで煮たものです。 ごろごろ入ったブラウンマッシュルームがおいしい! DSC_0145 マッシュポテトのチーズ焼き。 主食代わりにたっぷりといただきました。 シンプルで暖かい優しいお味がうれしい。 DSC_0139 サラダは、トマトとモッツアレラのカプレーゼ。 ベビーリーフとバジルを加え、ジェノベーゼソースであえてしまったサラダです。 見た目はあまりよくないけど、味がなじんでとても美味しいですよ。 そして、赤ワインをいただいて一応クリスマスらしくなりました。 でも、ケーキは省略。 年のせいか、食後のデザートまでかなかなたどり着けなくなってしまって・・・。 (私の独断で、ごめんなさい・・・。) 以上、我が家のクリスマスでした。            

↑このページのトップヘ