2016年12月


Hand made book festival  ZINE TRIP というイベントに娘が出品するというので、見に行って来ました。
場所は藤沢市辻堂というところにある湘南T-SITEという「大きな本屋さん&ショップ&カフェ」のようなモールです。
今回のようないろんなイベントがいつも開催される場所でもあります。
ZINEというのは自作した本のことを言うそうで、MAGAZINE の後ろ4文字をとっているとか‥‥。
なるほど〜。
湘南を中心に東京や各地から集まった様々なアーティストのZINEが所狭しと並んでいました。
娘は「Read like eat」と「 Laugh are contagious 」という二冊の冊子を出品していました。
自分の撮った写真と少しの文章で表現された小冊子。
彼女の気持ちがよく伝わってくる二冊でした。
娘は素人ですが、もちろんプロのカメラマンさんやアーティストさんの作品もたくさんあって、とても見応えのあるZINE ばかりでした。
普段あまり接することのないいろんなアートに触れることのできた良い時間でした。
そして何より作者さんがそこにいらっしゃって、想いや考えを伺うことができたのでより楽しむことができました。

なんだか娘が小さかった頃に文化祭を見に行った親のような気持ちでしたが、息子も来ていたり、思いがけず家族が集合した楽しい休日の午後になりました。


今週は週始めから、義母の洋服作りに専念し、昨日までミシン部屋にこもってました。
義母は、今度お誕生日が来たら80歳になると言う年齢ですが週に2回水中ウォーク、週に1回体操教室という、私から見たらとても元気な日々を送っています。
でも、本人が言うには、とても調子が悪く決して元気ではない‥‥そうです。
そして、一番の悩みの種は体型(骨格?)の変化のようで‥‥。
これまで普通に着られていたお洋服が着られなくなってしまったとか。
先日、親戚に不幸があり、喪服で出かけようとしたら、ボタンが掛からない‥‥。
‥‥で、大慌て。
それで、私が洋服作りを仰せつかったわけです。
私は基本的に手抜き洋裁しかしないので、出来上がりは保証しません、と明言した上で引き受けました。
そして、生地を選びにいつものお店鎌倉スワニーに行ったら‥‥。
義母が見事にスワニーマジックにかかってしまい‥‥。
三着分も生地を購入!
ええっ?三着?💦
一番左は喪服用のコットンサテン。
真ん中は綿のスウェット生地。
左がウールとポリエステルのニット地。
何しろ、すでに師走が始まっているわけですから、これは一気に仕上げてしまうしかない!

シンプルで体の線がわからない喪服、という注文でこのワンピースになりました。
五分袖で夏もOKに、冬は暖かいマーガレットを羽織ればいいという事に。

後ろはギャザーたっぷりです。
寄るとこんな感じ。
次がスウェット地のチュニック。
襟ぐりに紐が入っていてギャザーを寄せて結びます。

三着目もチュニック。
後ろはギャザーたっぷりです。
そして、どれも右の方が着丈が若干長め。
義母が着るとまっすぐに見えます。
大急ぎで作ったので、義母が老眼じゃなかったら、大変ですね〜!

義母を見ていると、年老いて行く自分自身を受け入れる事が如何に難しい事かを痛感し、考えさせられます。
少しでも楽しい老後を過ごしたいものですよね。
義母の楽しい毎日のためにほんの少しでもお手伝いできればいいのですが‥‥。


週末土曜日は、お天気も良くて最後の紅葉狩りには絶好のコンディションでした〜!
鎌倉で一番美しい(と、私は思っている)鎌倉天園ハイキングコースの中の獅子舞の谷。
私達は、もみじ谷と呼んでいます。
2週間前に一度様子を見に行きましたがまだまだでしたので、例年のピーク12月第1週を楽しみに待ってました。

名前の通り、谷になった場所なので、お昼前からお昼過ぎの太陽が高い時間が良い!
‥‥ということで10時過ぎに家を出発しました。

谷じゅうが赤や黄色に染まって、とーっても綺麗でした〜!
ため息がでるほど、ってこの事ですね!
その年の気象条件によってもみじはその色付き具合に違いが出るようですが、今年はかなり良かったようです。
もみじ谷はここ数年で一番の美しさでした!
鎌倉もみじ谷、年々見物客の人数も増えて、谷に降りる細い坂道は歩く人で大渋滞💦
やっぱり秋の紅葉狩りは皆さん楽しみにしているのですね。

そして、日曜日には例年、もみじ谷の紅葉を楽しみにしている娘が帰って来たので、またまたみんなで出かけました。

もみじ谷の美しさは言葉でもなかなか的確に表現できないですし、写真に撮ってみても、やっぱり実際に目で見た方が何百倍もきれいなのです。
自然の美しさってすごいですね!
今年は二日に渡って、谷じゅうが紅く燃えるもみじ谷に身を置く事が出来て本当に嬉しかったです。
久しぶりの娘との山歩きも楽しくて、大満足な週末でした。


12月に入り、ゆうゆうは早くも1月号です。
10月に我が家に取材に来て下さった記事は ↑ このようなテーマの特集になってました。
毎月毎月いろいろと取り上げる題材を考える編集者さんは本当に大変ですね〜。

‥‥で我が家ではキッチンを取材していただいたというわけです。
まあ、「料理上手の」というのには当てはまりませんが‥‥。


こんな記事になってます!
ありのままの我が家のキッチン‥‥お恥ずかしい限りです。
「それにしても、狭いキッチンだねー!」
とは、このページを見ての夫の感想。
家を建てる前に気付いて欲しかった‼︎

狭いだけに、ちょっと気を許すと乱雑になって快適とは程遠くなってしまうマイキッチン、こまめに片付け心地良さキープに努めなきゃ〜です。

ゆうゆうは今月号も興味深い記事がぎっしり!
100均グッズでお正月のお飾りを作る!
とか、西村玲子さんの連載とか、やる気が湧いてくるコーナーがたくさんです。
作り置きできるおもてなし料理、というのも必見です!

本屋さんで見かけたら手にとって見てくださいね!



今日から12月。
朝は冷たい雨が降ってましたが、間も無くあがり、青空が見えてきました。

我が家の庭のけやきもずいぶん葉っぱが少なくなり冬仕様になりつつあります。

昨夜は遅くに息子が突然帰ってきました。
最近は滅多に帰って来ずしばらくぶりです。
私達は、そろそろお夕食を食べ終わる頃で食卓にはポテトグラタンが少し残っているのみ‥‥。
ちなみに昨夜のその他のメニューはポークソテーとグリーンサラダ。
帰って来るなら一言連絡くれればいいのに〜と言いながら、サラダは急いで息子の分を作りましたが、豚肉の余分はなく‥‥。
こんな時のために多めに作って冷凍してある餃子を温めました。

私達も息子のビールに付き合って乾杯〜!
やっぱり子供達が帰ってきておしゃべりしながら飲んだり、食べたり、は楽しいものですね。
夫はとっても嬉しそうでしたよー。

息子が帰って来るのは、翌日、車で出かけたい時。
自分はバイクしかなく、必要な時だけ借りに来る、というちゃっかり者です。

今朝6時に起きたら、すでに彼は千葉へ波乗りに出かけたあとでした。

我が家の子供達は遊ぶ時も一生懸命。
しっかり親の背中見て、育った証拠ですね。
いい波に乗れたかな?



↑このページのトップヘ