2017年01月


今朝、娘からこんな可愛いアレンジフラワーが届きました!
???今日は誰の誕生日???
??????????????
なんと!娘本人の誕生日です!
差出人のところの娘の名前を見ただけで、すでに、うるうる‥涙目に‥‥。
社会人になって家を離れてからは、お誕生日はたくさんのお友達がお祝いしてくれるので、私はもっぱらささやかなプレゼントとメッセージカードでおめでとう!を伝えています。
今年は30回目の誕生日。
あの吹雪の日から早くも30年が経ったのね〜と思いつつ、娘にラインしておめでとう!と、お花ありがとう!を送りました。
すると娘からメッセージ。
「30歳を迎えられたのも、これからまた30代ワクワクする毎日に向かって頑張れるのも家族みんなのおかげなので、ありがとう‥‥」と。
それを読んでますます涙で前がみえなくなりました。
こういう瞬間、子供という存在が私にとって大きな大きな幸せである事をしみじみ感じます。
嬉しい事です。
ちなみに今年娘に贈ったプレゼントはいつも通り娘の好きなクッキーとフルーツ、そして最近お料理する機会が多くなったらしいので、娘の好きそうな大きめのお鉢を。
見かけによらず、お料理上手な娘なのです。
お友達を招いてご馳走する時に使ってね!
30歳おめでとう!



寒さも少しゆるみ穏やかな日曜日になりましたね。
息子がお友達を誘って釣りをしたい!という事で、久々釣り船出港〜!🚤です。
お天気だけは、空任せなので荒れない事のみを祈っておりましたが‥‥
見事な釣り日和☀️でまずは一安心。
釣り好きなお友達もいれば、釣りはあまりやった事ない、という方もいて‥‥。
釣り船のおかみ(私)がまず一番に心配するのはお客様が船酔いしてしまう事。
でもこの件は、息子が事前に必要な方は酔い止めを飲んで来るようにと連絡したそうでOK。
用意周到な息子らしい。
そして次の懸案は釣果です。
来てくださったお友達には釣りを楽しんで、お魚も釣り上げていただきたい。
今回は、カワハギ狙いという事で‥‥。
お客様の釣果は釣り船の船頭(夫)の腕にかかっていますから‥‥。
船頭は責任重大ですね。
まず大きなカワハギを釣り上げたのは、あまり釣りはした事ないというお友達!
まさにビギナーズラック!
おめでとう〜!
釣り場のチョイスもさることながら、みなさんの粘り強さで ↑ この釣果!
良かった良かった!
船頭&おかみはホッとしました。
そして、みなさんすごく楽しかったと言って下さって、何よりでした。
私達も良いお天気のもと船上でのんびり〜。
良い日曜日でした。



夫と自分のためにお箸を新調しました。
自分達のためにお箸を買ったのは何年ぶりでしょうか‥‥。
両親には父の日や母の日、金婚式のお祝いなどで何度かお箸を贈った事がありましたが、自分達は、それぞれどこからかいただいた物を使っていたりで、特に気にもしていませんでした。
たまたま出先で、食器売り場を覗いて、綺麗なお箸をたくさん見かけ‥‥。
そう言えば私達のお箸って、先が少し欠けていたり、白っぽくなってたり‥‥と思ったら急にかわいそうになっちゃいました。
‥‥で、久々に自分達のために夫婦箸を!
そんな高価なものではなくても、お箸くらいきちんとしたものでなくちゃ‥‥ですよね。
ところで、新しいお箸をおろすのはやっぱり朝の方がいいのでしょうか?

お正月以来、増加傾向にあった体重を一度しっかり元に戻しましょう。
ということで体重調整メニューです。
この寒い時期はやっぱり鍋焼きうどんがいいですね。
入れる具は何でもOK。
今日はお揚げ(少し甘めに煮ておきます)、かまぼこ、エリンギ、ほうれん草、卵etc
とにかく、グツグツ煮えてる熱々‥という事が必須条件です。
ハフハフいただけば、身も心もぽっかぽかになりますよ〜。
後は、卯の花。
きくらげたくさん入れました。
小鉢は、長芋の酢の物。
サッパリだけど栄養は💯

ヘルシー&ローカロリー ! でも心は満足!な夕食でした。
しばらく頑張らねば‥‥。









映画は、好きですが自分から進んで劇場に行くということはあまりない私。
今回はどうしても観たい映画があり、どこで上映されているか調べて行ってきました。
残念ながら鎌倉には映画館がなく、その昔、松竹大船撮影所があった街とは思えないのですが‥‥。

‥で横浜の下町にある「ジャック&ベティ」というミニシアターまででかけました。
「ジャック&ベティ」に行ったのも初めてですし、黄金町駅という駅に降り立ったのも初めて。
そして、人生初!の一人で映画館‼️
この歳になって、一人で映画館に入るのが初めて、なんて‥‥。
自分でもびっくりですが。
あきれますね‥‥。
どきどき。
それでも、観たかった映画がこちら‼️
ご覧になった方も多いと思いますが、余命二カ月を宣告された母が家族や家のためにやるべき事をひとつずつ実行していくというお話。
私は物語の序盤から涙が頰を伝い、ずーっと最後まで泣きっぱなし。
登場する子供達の健気な姿に涙。
突然、余命二カ月を知った母に涙。
母の決断に涙。
全ての人に素直な気持ちで心の底からの愛をもってぶつかっていく母の素晴らしさに大感動で涙。
とてもとてもいい映画でした。
頑張って一人で観に行った甲斐がありました。
そして、人生いつ何が起こるかわからないのだから、日々愛を込めて 大切に過ごさなければ‥‥と実感しました。

いい映画に出会えて幸せな午後でした。



↑このページのトップヘ