2018年04月

FullSizeRender
伊勢への里帰りから戻り、久しぶりの夕食作り。
たった数日離れていただけなのに、このキッチンで食事の支度をする事が新鮮に感じられて…メニューもぽんぽん浮かび、私って単純だなぁ〜とつくづく思います。

まずは、タコと細ねぎの塩麹和え。
義妹に教えてもらったとっても美味しい和え物です。
タコと万能ネギを塩麹、柚子胡椒、オリーブオイルで和えるだけの簡単調理だけど、おもてなしの時にお出しすると必ず皆さまにレシピを聞かれます。
今回は、トマトを加えてボリュームアップ!
お味も彩も良くなって、大成功でした。
FullSizeRender
遠征から戻った夫のリクエストは豚バラと里芋の煮物。
外食続きだと素朴なお家ご飯が食べたくなるのですね。
豚バラ肉と里芋と人参を単純に煮付けただけです。
FullSizeRender
アボカドときのこのホットサラダ。
この日たまたま見ていたテレビ番組でどこかのシェフが作っていた料理にヒントをいただきました。
生のアボカドに数種類のきのこをニンニク、オリーブオイルで炒めたものを乗せただけ。
すりごまたっぷりのごまドレッシングが良くあって美味しかったです!
FullSizeRender
最後は伊勢で買ってきた、小型の鯵の丸干しです。
鯵の丸干しって鎌倉ではお目にかからないのですよねー。
ちょっと塩味きつめでしたが、とってもいい味!
子供の頃、よく食べました〜。
父が身をほぐして食べやすくしてくれたのを思い出します。
夫が気に入ってくれている伊勢の味です。

簡単なものばかりでしたが、夫のお土産話しを聞きながらゆっくりおいしくいただきました。








IMG_1150 
ここ数年この4月初旬のクラッシックカーラリーに便乗させてもらって実家に帰っているのですが…
今回は初めての場所でラリーの観戦。
三重県津市にある一身田という場所に行くために伊勢からJRの紀勢本線という列車に乗りました。
故郷の近くの場所とは言え、初めての場所に行く事はちょっとした冒険気分が味わえてワクワクします。
FullSizeRender
クラッシックカーラリーのスタンプポイントに近い駅、一身田駅に到着しました。
実家の最寄り駅から約1時間です。
が、無人駅💦です。
以前ならば、分厚い時刻表と首っ引きで列車の時刻を調べたりしたのでしょうけれど、今はアイフォンの乗り換え情報などであっという間に検索できて本当にありがたい!

…でクラッシックカーラリーの観戦をし再び車達が出発して静かになったので…
IMG_1229
どこかゆっくりお茶でもできる場所はないかしら…と思っていたら、ありました〜!
この静〜かな無人駅のすぐそばになんとおしゃれな
カフェ「tayu-tau」↑ 。
その昔、運送会社の事務所だったという建物を利用して営業しているカフェだそうです。
IMG_1217
IMG_1215
古めかしい引き戸を開けて入った瞬間からとっても素敵な空間が広がります。
IMG_1213
FullSizeRender
しばらくここでゆっくり時間を過ごしたい…という気持ちにさせてくれる場所でした。
IMG_1220
ハーブティーとカッチリした焼き菓子でのんびりティーブレイク。
日常から離れ、帰らなければならない時間を気にすることなく、ゆっくりできる幸せを噛みしめました。
紀勢本線は列車の本数も少なく、次の列車に乗るにはちょっと慌ただしいし…と、一本見送り、その次の列車までの〜んびり…。

日が暮れかかっても、夕食の支度の心配もなく…非日常の至福の時間を堪能させていただきました。


 FullSizeRender
今回の伊勢行きは、夫の参加するクラッシックカーラリーの観戦を兼ねての里帰りです。
まずは、サ高住で暮らす母に会うのが第一目的なので、駅に到着後、母の部屋へ直行。
お正月に会ってから約3ヶ月ぶりの母は変わらず元気な様子で一安心!
あと2ヶ月もすると91歳になる母ですので、年相応の物忘れはあるものの、表情もいきいきしていてサ高住での暮らしに馴染んでいるようで何よりです。
伊勢も今年はソメイヨシノが早かったようで、実家の庭は八重桜が見頃でした。
FullSizeRender
翌日は、名古屋の熱田神宮をスタートしたクラッシックカーが伊勢方面へやって来るというので、途中の津市でのチェックポイントで観戦する事にしました。
ここは三重県津市にある一身田寺内町の古い町並みです。
寺内町(じないちょう) とは室町時代の中期から後期にかけて高田本山専修寺という寺院を中心として作られた自治都市の事で歴史ある寺社建
造物や文化財が多くあり、周囲には環濠が巡らされています。
生まれ故郷の近くでありながら、私は来た事がなく、初めて見る古い町並みに感激〜!
FullSizeRender
こんなに大きくて立派な山門が日常的な町の風景の中にあるって!すごいですよね!
FullSizeRender
IMG_1195
またこの歴史的な景色とクラッシックカーの取り合わせが、古き良き物同士、しっくり馴染んでとても素敵でした。
IMG_1207
IMG_1211
70台近いクラッシックカー達を見送った後ゆっくりと風情ある町の中を散策。
IMG_1203
専修寺の山門をくぐった中にある御影堂↑は昨年秋、三重県内で初めて国宝建造物に指定されたそうです!

クラッシックカーラリーのおかげで思いがけず歴史的な町並み探訪を楽しむ事ができました。



image
4泊5日の伊勢行きのために義父母に作り置きおかずを作りました。
image
日持ちの事を考えるとなるべく、出かける間際に作りたい…のですが。
焼き豚は前日から煮始めることができます。
むしろそのほうがおいしいですよね。前日に煮た鍋の中で固まった脂を取ってもう一度煮返しゆで卵も入れます。
FullSizeRender
おいなりさんのお揚げも前日の夜炊いておきます。
一晩たって味も程よくしみてしっとりします。

朝はいつもよりすこし早く起きて、まずはお揚げに酢飯をつめておいなりさんを仕上げます。
おじいちゃんの大好物なので、多めに…
30個‼︎…それにしても多すぎw
FullSizeRender
次は根菜と厚揚げの煮込み。
大根、人参、里芋、厚揚げ、味出しにつくねも入れました。
おでんに似てますがおでんほど品数は多くありません。
日に一度火を入れてもらえるように極薄味にしてあります。
IMG_1126
白菜と豚バラ肉の煮物。
文字通り、小さめに切った白菜と豚バラ肉を交互に鍋に入れみりん、醤油、水で煮ただけ。
途中で混ぜてクタクタになるまで煮て最後に片栗粉でとろみをつけました。
FullSizeRender
パンのおかずになりそうなものも…という事でひよこ豆とトマトの煮込み。
玉ねぎ、豚ひき肉が入ってます。
パセリのみじん切りをちらして彩りもよくね!
FullSizeRender
今回初挑戦のほうれん草と玉ねぎのオープンオムレツです。材料を全部入れてオーブンで焼くだけ。ミックスチーズも入ってます。
これもパンの時良さそう。
FullSizeRender
お野菜をもう少し…と思い、小松菜のナムルを。おじいちゃんのために小松菜を柔らかめに茹でて、おろしニンニク、醤油、中華スープの素で控えめに味付け。
食べる時にお好みでお酢やラー油でアレンジしても。
以上七品完成〜!
おじいちゃんとおばあちゃんのため なので、柔らかい物中心に作りましたが、おじいちゃんが好きなのでお肉も結構使いました。
あとは、温かい汁物とか麺類などをおばあちゃんに作っていただくようお願いして!
私は行ってきま〜す!






IMG_1109
朝目が覚めた瞬間に、何か、なんだかわからないけど、いや〜な気持ちの時があります。
自分でも、なんだろうってしばらく考えてもわからない…ほどきっと些細な事なのですが。

そんな気持ちの時も、いつも通り犬達にせかされて外に出て朝の空気の中を歩いて行くと…そのうちに、その香りや清々しさ、目に入る緑の草木の美しさに不思議なほど気持ちが軽くなってくるのがわかります。
自然の力って素晴らしいと今さらながらに関心してしまいます。
IMG_1112
犬達が散歩に行きたがるのも、もしかして外を歩く事の気持ち良さがわかっているからなのかも…。
なんて。


IMG_1097
こちらはこの日の夕景。
夕食の支度をする頃になって買い忘れた物を思い出し、ちょっとそこまで買い物に…と外に飛び出したら、この景色。

ほんとうに美しくて、思わず「わぁ〜綺麗〜」と独り言。
夕方の外の空気も気持ちを暖かくしてくれる力があると感じた時間でした。
一日学校で頑張ってきた子供達が家に帰る時の幸せな気持ちを見守ってくれているような気がします。

今日ももうひと頑張り!
私も美味しいご飯を作る意欲がもくもくと湧いてきました〜!

自然の力に感謝感謝の1日でした。




↑このページのトップヘ