FullSizeRender
今回の伊勢行きは、夫の参加するクラッシックカーラリーの観戦を兼ねての里帰りです。
まずは、サ高住で暮らす母に会うのが第一目的なので、駅に到着後、母の部屋へ直行。
お正月に会ってから約3ヶ月ぶりの母は変わらず元気な様子で一安心!
あと2ヶ月もすると91歳になる母ですので、年相応の物忘れはあるものの、表情もいきいきしていてサ高住での暮らしに馴染んでいるようで何よりです。
伊勢も今年はソメイヨシノが早かったようで、実家の庭は八重桜が見頃でした。
FullSizeRender
翌日は、名古屋の熱田神宮をスタートしたクラッシックカーが伊勢方面へやって来るというので、途中の津市でのチェックポイントで観戦する事にしました。
ここは三重県津市にある一身田寺内町の古い町並みです。
寺内町(じないちょう) とは室町時代の中期から後期にかけて高田本山専修寺という寺院を中心として作られた自治都市の事で歴史ある寺社建
造物や文化財が多くあり、周囲には環濠が巡らされています。
生まれ故郷の近くでありながら、私は来た事がなく、初めて見る古い町並みに感激〜!
FullSizeRender
こんなに大きくて立派な山門が日常的な町の風景の中にあるって!すごいですよね!
FullSizeRender
IMG_1195
またこの歴史的な景色とクラッシックカーの取り合わせが、古き良き物同士、しっくり馴染んでとても素敵でした。
IMG_1207
IMG_1211
70台近いクラッシックカー達を見送った後ゆっくりと風情ある町の中を散策。
IMG_1203
専修寺の山門をくぐった中にある御影堂↑は昨年秋、三重県内で初めて国宝建造物に指定されたそうです!

クラッシックカーラリーのおかげで思いがけず歴史的な町並み探訪を楽しむ事ができました。