1
小樽のお友達kazukoさんから今年も山菜が届きました。
新鮮なウドとフキがこんなにたくさん!!
5月の小樽はGWが始まる頃に桜が咲き、次から次にいろんなお花が咲き、山の新緑が美しくなり、駆け足で初夏になります。
そして、今頃、山は山菜の季節になるのです。
自然と共に生活をしているkazukoさんは山菜採りも玄人(?)で、毎年この時期には我が家にもこんなに大量の山菜を送って下さいます!
2
さっそく、新鮮なうちにいただこうと、まずはフキをゆでました。
こんなにあざやかな緑になります。
きれいですよね~!
3
・・・でも今回はうっかり、濃い口しょうゆで味付けしてしまい、ちょっと色が悪くなってしまいました。
フキさんごめんなさい
でも、お味はOK!!
新鮮なフキの香りが際立って本当においしい山の味でした!
4
そして、ウドは・・・まずはやっぱりてんぷらです。
葉っぱはサクサクで香ばしく、芽はほろ苦く、茎は甘くてみんなそれぞれのおいしさ!
口の中がミラクル・・です!
毎年いただいているのに、おじいちゃんは「うまいね~!これがウドね~!」だって・・・。
とってもたくさん食べてくれました。
6
せっかく北海道の自然のめぐみをいただくのだから・・・これも一緒に!
昨秋、やっぱりkazukoさんのご主人が獲ってきて送って下さった鹿肉です。
重曹処理して、冷凍保存してあったものを解凍。
もやしと春菊とともにごま油のきいたマリネにしました。
このレシピはもともとは牛肉で・・・なのですが、牛肉料理はほぼ鹿肉でもいけます。
薄くスライスして、にんにくとおしょうゆ、砂糖少々で下味をつけ焼いたあと、ナムルにしたもやし、春菊と合わせ、マリナード(ごま油、にんにく、塩、砂糖、しょうゆ各少々、酢)をかけてしばらくなじませます。
とてもとてもおいしかった。
栄養豊富、お味も最高、鹿肉ばんざい!です。
・・・というわけで、北海道フェアーな我が家の夕食でした。
kazukoさんごちそうさまでした。