三日三晩、太陽と夜露に当てた、梅ちゃんたちは、かなり水分がなくなり、梅干しらしくなりました。いよいよ、かめに戻します。じゅうぶんに太陽にあてて殺菌したかめに、しそを少しばらまき、梅を並べ、梅酢を回しかけ・・・をくりかえし、最終的に、梅酢がひたひたになるように、します。 かめに戻した梅ちゃん達はこういう感じになります。これで、一ヶ月もすると、梅酢と梅干しがなじんで、色もまんべんなく、きれいに赤くなり、しっとりした梅干しのできあがりです。待ち切れず、一個食べてみました。できたばかりの梅干しはとってもフルーティーでジューシー。口にいれたとたんに、太陽の香りが広がります。そして・・・すーーっぱい!! おかげさまで梅干し完成!!いたしました。めでたし、めでたし!!!