明日で10月も終わりですね。今日は冷たい雨が降っているというのに・・・・海ネタですみません・・・。 先週の土日、神奈川県の片瀬西浜海岸で全日本ライフセービング選手権がありました。ライフセーバーは夏の海での監視や救助がその主な活動ですが、海水浴シーズン以外の時は技術向上のため日々訓練にはげんでいます。そしてその日々の成果を競うのが競技会です。この日は全国からライフセーバーが集まりました。選手宣誓をしたのは小樽ライフセービングクラブの選手でした。 どうして、またライフセービングかと言いますと、大学生の息子がライフセーバーなのです。大会ではいろいろな競技があります。浜に立ててあるフラッグを走っていって取り合う、とか、沖に居る溺者役の人を泳いで行って助けてくる、とか、砂浜のかけっこ、とか。 息子はボードレースという種目に出場しました。上の写真のボードをかかえて走って海に入り、ボードの上に正座してひたすら両手で水をかいていって、沖にあるブイをまわって浜に帰ってくる。という競技です。 どのスポーツを観る時もそうですが、目標にむかって全力で挑んでいく姿はすがすがしい!選手達の日々のトレーニングや努力の積み重ねを思うとみんなに「がんばれー!」の気持ちになります。 青いボードをかかえているのが息子です。予選、準決勝を通過し、決勝までいきましたが・・・、残念ながら決勝での成績はふるいませんでした。それでも去年は予選落ちだった事を思えば、拍手です。 競技を終えた息子。本人的には納得がいかなかったのでしょうか・・・。 母は遠くから見守るしかありません。きっと、明日からまた練習にはげむことでしょう。      写真左に見えているのは江の島です。