「もみじ谷そろそろ~?」と少し前から気にしていた娘が週末帰ってきました。 鎌倉の天園ハイキングコースに紅葉のきれいな獅子舞という場所があるのですが、私達は「もみじ谷」と呼んでいるのです。子供たちが小さい時からよく家族で歩いたハイキングコースです。もう社会人になった娘ですが、物心ついた頃から山だ海だキャンプだとアウトドアな暮らしを強いられてきたせいか、自然の中が大好き。この日も親子3人犬1匹で山歩きにでかけました。 もみじ谷という名のとおり、天園の頂上から鎌倉宮側に降りる谷の途中です。大きないちょうの木やかえでの木があり、地面は落ち葉のじゅうたんです。 上を見上げると・・・太陽があたって、赤くなった葉っぱが輝いていてきれい! 苔むしてみどりになった岩場にいろとりどりの落ち葉が映えます。 みんなでいろいろとおしゃべりしながら歩くのもとっても楽しいものですね。写真の中で娘が肩にかけたり、手に持ったりしているのは、歩きながら、枯れた蔓をとって、ぐるぐると巻いて作ったリースです。飾りつけに使う材料もみつけてはバッグに・・・。小さい頃から森の中で見つけたものを使っておもしろい物を作るのが得意だった娘、三つ子の魂・・・ぜんぜん変わっていません。さて、どんな物ができるのかな?