おじいちゃんとおばあちゃんが、大分~湯布院 4泊5日の温泉旅行に行ってきました。 旅行が好きな二人は、60代、70代はヨーロッパ各国の旅を楽しんでいました。 昨年、オランダにチューリップを見に行ったのを最後に、おじいちゃんが80歳になったこともあり、これからは国内温泉旅行~となったわけです。 二人は旅行に行くと、旅先のおいしいお菓子や、特産物をおみやげに買って来てくれます。 たくさん! こんなに、いろいろ買ってきてくれて、重かったでしょ~?っていうくらいなのですが、お土産をえらんだり、買ったりするのも、旅の楽しみなのですね、きっと。 今回も、温泉まんじゅうから始まって、ざぼん漬け、かるかん、かぼす羊羹、ゆずごしょう・・・etc  そして、上の写真が 「ふるさとの味 だんご汁」です。 だんご・・・とはいうものの、うどんを平たくしたようなものです。 いろいろと、具を入れた味噌味のつゆに入れて食べるそうで、味噌味のたれもついていました。 なるべく、大分のみなさんが召しあがる、だんご汁なるものに近いもの作ろうと、ネットで調べてみると、ありましたありました。 本当に今はなんて便利な世の中でしょう。 いくつかのサイトで見てみましたが、具だくさんの豚汁に入れて煮込む、と考えれば良さそう。 里芋やきのこもたっぷり入れて、秋にぴったりのだんご汁、完成~! 薬味にゆずごしょうをそえていただきました。 だんごは見た目よりコシがあり、もちもちしていて、おいしい! ゆずごしょうもぴったりです。 おじいちゃん達の温泉ばなしを聞きながら、大分の味を堪能した秋の夜でした。 温泉行きたくなっちゃった~。