まもなく3月になろうというのに、今日もとても寒いですね。 今月はいろいろなことがあり、お雛さまにお出ましいただくのがすっかり遅くなってしまいました。 おばあちゃんに今年は出さないの?と言われて、そうそう!と先日の大安の日に飾りました。 娘が生まれた頃は、住宅事情もあり、この親王飾りを選びましたので、出すのもしまうのもとても簡単です。 私が子供の時のお雛さまは段飾りで御殿まであったりして、飾りつけは一大イベントでした。 お雛さまが出ている時はとても嬉しくて、小さな箪笥のひきだしにみかんを入れて遊んだり・・・姉と並んでお雛さまの前で写真を撮ってもらったり・・・。 あのお雛さま達はもうずいぶん長いことしまわれたままになってますね・・・きっと。 お雛さまが飾られると、いつもおばあちゃんが桃の花を買ってきて活けてくれます。 とっても立派な桃の花です。 一気に華やかに春らしくなりました。 やはり、いつもの季節の行事はいつもどうりにやらないと・・・ですね。 とくに、桃の節句は平安時代から季節の変わり目の厄除けの行事だったそうですからなおさらですね。