4日間のクラッシックカーラリーから夫が帰って来た昨日の事。 きっと、疲れて帰って来るだろうと思い、お刺身にしようかな~とお買い物にでかけたところ、ぴっかぴかの新鮮ないわしがありました~!! 目が透き通っていて、とってもきれいでしょ? こういうお魚をみるとついつい買いたくなってしまうのです、私。 しかも、「三重県産」と書かれていて、これはもう買うしかないでしょ!と思ってしまうのです。 私は三重県出身ですが、別に私の実家が漁師なわけでもなんでもないのです・・・。 でも、不思議な事に、こういう時このお魚さん達に親しみを感じてしまうのです。 同郷のよしみ・・・って言うんでしょうか。 そして、ちょっと面倒ですが、いわしの酢〆を作る事にしました。 三枚におろして、軽く塩をして、しばらく置き、酢で洗って、皮をひき、千切りしょうがとともに酢に漬けます。 新鮮ないわしを見ると、作りたくなってしまうのです。 私自身が食べたい、ということですね。 盛り付けるとこんな感じ。 表面は白くなっていますが、中はまだ生っぽくて・・・これくらいが私好みです。 もちろんとってもおいしかったです。 そして、こちらは、かつをです。 まぐろは解凍ものしかなくて、かつをにしました。 今回は表面をさっとあぶって、たたきに。 あぶらがのっていてこれもおいしかったです。 夫もお刺身が食べたかった~と喜んでくれました。 たっぷりのスライスたまねぎとしょうが、にんにく、などの薬味といっしょにポン酢でいただきます。 あとは、サラダ、大根と高野豆腐の煮ものを作りました。 野菜もたっぷり食べなきゃ・・・ですよ。 おみやげ話を聞きながらの夕食、おじいちゃんもおばあちゃんも嬉しそうでした。