ここ数日で急に朝晩の気温が下がり、秋が深まってきましたね。
気付いたら、なんと明日から11月!
10月もあっと言う間に過ぎてしまいました〜。

今日は義母のお友達から 食用の菊の花を↑ こんなにたくさんいただきました。
青森の名産で「阿房宮」という立派な名前が付いているようです。
一輪一輪がとても大きくてしっかりした菊です。
早速、下ごしらえ。
ちょっとかわいそうな気もしましたが、花びらをむしって、少し酢を入れた熱湯でさっと茹でます。
すぐに冷水にさらし、ぎゅっと絞って準備完了。
あとはお好みの味付けに。
私はきゅうりとえのきだけと一緒に二杯酢で和えました。
とってもきれいな色で美味しそうでしょ。
菊の花はそのままいただいてもほんのり甘くてシャクシャクの歯ごたえで美味しいのですよ。
今回は、二杯酢がとても爽やかで菊の香りが秋らしい旬の一品になりました。
今日の夕食はこの小鉢がメイン。
あとはご覧のようなメニューでした。
この時期に目一杯いただこうと度々食卓に登場の秋刀魚、牛蒡と人参、こんにゃくの炒め煮。
そして、カリフラワーのピクルスです。

きれいな黄色い菊の花のおかげで、季節感たっぷりの秋の食卓になりました。
珍しいものをいただき感謝です。
ごちそうさまでした。