カテゴリ: 日記

FullSizeRender
実家の母に面会するために帰省していた、先週末。
三連休が終わって、自宅に戻り、日常復帰しています。
今回、母の顔を見て安心できたのはもちろんですが、それと同時に老後の過ごし方や年を重ねる事の意味、そしてその難しさ…などいろいろな事を考えさせられる帰省になりました。

母の入居しているサ高住では、今月いっぱいまでは、土日のどちらか10分、一家族二人まで、という制限つきの面会が許されていました。
実家のすぐそばに住まいがあって、もうずーっと母のあれこれを面倒見てくれている姉が今回も面会の予約を取ってくれたのですが、8月からまた面会禁止が決まっている事もあり…
「遠方から来る妹なのでなんとかもう一日…」と施設の方にお願いしてくれて、10分の面会を二日に渡ってさせていただく事ができました。
🙏ありがとう〜💕

…で母に会いに行くにあたってなんとか記憶を呼び戻してもらいたくて、いろいろ考えて昔のアルバム↑を持って行って母に見せる事にしました。
FullSizeRender
父と母の若かりし頃のツーショット写真を見せて、「これがお母さんよ〜」と見せると…
「へぇ〜」という反応😅
「こちらがお母さんのご主人よ…」には…
「あら、そう…知らんわ…」
…ですから、私の事ももちろん覚えてはいません。😅
FullSizeRender
お話はそれてしまいますが、面会のために姉と昔のアルバムを探していて、懐かしい写真発掘に思わず、長時間を費やしてしまいました…😆
↑これは両親の結婚式の写真です❣️
1950年と言いますから72年前‼️

この写真も見せましたが、もちろん「へぇ〜」でした。💦

そして翌日の面会は、昼食後という事もあってとても眠そうにベッドに横になっている母だったので、ベッドの脇に座ってゆっくり、話しかける事に。
前日と同じく私に「どこから来たの?」という質問から始まって、時々目を閉じては、また話し出す…というペースの母。
ぽつぽつ話していくうちに「私は○○小学校やった。」と小学校の名前が出てきたり、お友達もたくさんいたけどもうみんな忘れた…と言いながら、遠い目をしたと思ったら「○○さん…酒屋さんの娘さんやった…」と。
どうも自分が子供の頃の引き出しを開けたかのようでした。
最後に「毎日一緒に遊んでたわ…会いたいけどなぁ〜」と言ったと思ったら…
「もう私はひとりぼっち…」という言葉。
さすがにこの一言には私もなんと答えていいやら言葉に詰まってしまいました。😢
一瞬考えて「私も遠くに居るからね〜」と言ったら特に反応がなかったので、
「私はお母さんの娘よ。」と言ってみたら…
「本当に?え〜っ、知らんだわ〜」😂でした。

8年前に転んで足をけがしてしまって以来見守りが必要になってサ高住に入居する事になった母。
コロナで会えなくなるまでは、会いに行っても普通に話しもできて、もちろん私の事も覚えていてくれていた母。
今年95歳になったのだから、仕方ないのかな。
でも聞けば痛いところはない、って言うし、穏やかな表情で子供の頃の話を思い出しながら話してくれる母。
ちょっと子供みたいで可愛かった…。

面会中に撮ってきた動画を兄や姉と共有して、不満もなく辛い事もなく穏やかに過ごしてくれていて良かったね😌と納得した今回の面会。
自分達もいつかはこんなふうに歳を重ねて行くのか…と思うと今するべき事がいろいろあるような気がしてくるけれど…





FullSizeRender
伊勢到着2日目。
どんより曇って今にも雨が降り出しそうな空模様の実家地方です。
実家からすぐ近くのサ高住に入居している母との面会を姉が予約してくれて、制限時間10分、二人までという厳しい制約の中、行ってきました。
全国的にコロナ感染者数が急激に増えていて、伊勢地方もこれまでにない多さ💦になっているそうで、近々面会禁止になるそうです。
すでに予約済みの面会のみOKとの事で滑り込みセーフ🙌😅
6月に背骨の一部を圧迫骨折してひどい腰痛を訴えていた母。
それ以来、車椅子に乗るのも難しくなったので、特別に母の部屋での面会が許されました❣️
もちろん時間は10分ですが…😏
FullSizeRender
私の帰省に合わせてお仕事のお休みを取ってくれた姉と一緒に部屋に入って行くと…
姉の事は、あー○○ちゃん!と覚えていました!
…が、やっぱり私の事は残念ながら覚えていませんでした。
会えている回数が違いますから仕方ないですね。
でも、「お母さんの娘、久美子よ!」と声をかけると、
「あーそう…どこに住んでるの?」
「鎌倉よ。」
「あー鎌倉、良いところやな〜。」
と会話はつながり、いろいろとおしゃべりができました。
表情も穏やかで、受け答えもはっきり。
「どこか痛いところはある?」と聞くと
「どこも痛くないよ…」と❣️
今のところ痛みは落ち着いているようで、本当に良かったです😌
安心しました。
心穏やかに痛いところもなく、のんびりと日々を過ごせているのが一番!
何よりの事です。
施設のスタッフの方々には本当に良くお世話をしていただいて、ありがたく、感謝しかありません。🙏

今回母の顔を見る事ができて、本当によかったです。
この後また面会が出来なくなってしまって、会えない日が続いてしまいますが、なんとか元気にしていて欲しいと願わずにはいられませんでした。

10分が過ぎたのでまた来るね、と最後に握手をしたら、ぎゅっと力強く握り返してくれた母。
あやうく涙が出そうになりましたが…
いけないいけない…笑顔で手を振り部屋を後にしました。

IMG_0005
連日の猛暑日💦
お天気の週間予報は☀️☀️☀️☀️☀️☀️☀️???
…と思いきや…
まさかの梅雨明け〜〜‼️

梅仕事は、赤しそ入れてまだ一週間たってないのに💦
早過ぎて、大丈夫かな〜💦と思いつつ。
気象庁さんを信じて、干しました!

心なしか梅達がちょっと固いかも…🤔
でも柔らかいのもあるし…😌

三日三晩の土用干し。
しっかり夜露に当てれば、ふんわりしっとりな梅干しになってくれるはず。
運を天に任せましょう!🙏
IMG_0007
今の段階でのこの色むらは、かめに戻す時に赤しそと交互にする事であっという間に解消します。
今年も美味しい梅干しになりますように!

梅干しの良い香りが漂ってる、我が家の庭ですよ〜

IMG_9152
やっぱり梅雨ですね〜
どんよりとはっきりしないお天気が続いています。
でもこの時期も楽しみがありますよ〜❣️
あじさいの花がそこここで見頃を迎え、それはそれは綺麗✨です。
鎌倉はあじさいの名所がたくさんあって、我が家から近い明月院や長谷寺などが有名ですが…
この時期はほんとーにたくさんの観光客の方々が見物にいらしていて💦
大混雑💦😅
とてもその人混みに入って行く気にはなれず…
こんなに近くに居るのに、残念ながらもう何年も明月院のあじさいは見ていません😭

でも毎朝のお散歩コースのあじさいもとっても綺麗✨ですよ〜
IMG_9156
IMG_9135
犬達にあじさいの前でポーズ取らせてみました😂

IMG_9147
IMG_9145
こんな大きなあじさいの木もあって…見事です!

IMG_9160
IMG_9159
IMG_9148
IMG_9149
そして種類も色も色々!

毎朝のお散歩であじさいを愛でるのが本当に楽しみな季節です。💕

IMG_9128
昨日は実家の母の誕生日でした。
我が家の庭の↑このお花、銀梅花が咲き出すと…実家の母の誕生日が来るな〜と、例年は思っていたのですが、今年は銀梅花、遅めの開花です。💦
IMG_9132
IMG_9131

やっとポツポツ咲き始めてますが大半はまだまだ蕾です。
こんな年もあるのですね〜

…で実家の母は銀梅花の見頃を待たずに95歳になりました。
先日実家近くに住む姉から連絡があって、サ高住に居る母がひどい腰痛でご飯も食べたくないと言ってずーっと横になったままだとの事。
大きな病院でMRIを撮ってもらったら、どうも背中の骨の一部が圧迫骨折しているらしい…のだとか。😩
でももうこの年では手術などの方法は取れず痛み止めで様子を見るしかないらしく、今はほとんど自室でベッドに横になっているというのです。
これまでは、車椅子で食堂に移動して他のみなさんと一緒にお食事をいただいたり、デイサービスのお部屋に行ってリハビリをしたり…という生活だったのですが、それができなくなり…
姉が病院に行く時に付き添った時の様子では、なんだか急に反応がにぶくなっちゃった💦とか。
この年齢で日頃の生活の中での刺激が少なくなる事は良くないのですね〜😥

しかも高齢者施設ではまだまだコロナに対する感染予防対策が厳しくて、母の部屋に行って時間をともに過ごす事ができないということ…
もしいつでも部屋に行って面会できるなら、飛んで行ってベッドの脇で痛いところさすってあげながらおしゃべりいっぱいできるのに…😞
姉との長電話の最後には「仕方ないね〜😮‍💨」と出るのはため息ばかりです。
憎っくきコロナです。

…と、恨みごと言ってもはじまらず…
FullSizeRender
今年もお誕生日に間に合うように、お気に入りのお花屋さんに↑こんなアレンジフラワーをお願いしました〜
優しい色合いのお花で少しでも痛みが和らげば良いのですが…😌

お母さん頑張って!
面会禁止が解けたらすぐ会いに行きますからね!
お誕生日おめでとう!

↑このページのトップヘ