カテゴリ: 家事


随分前に某大型家具店で何かに使おうと思って買ったはずのこのワイヤーバスケット。
数年たって、何かに役立ったという覚えもないまま邪魔物となっていたので‥‥。
こんな物(壊れてしまった物干しハンガーから取り外した洗濯バサミです。)や。
こんな物と組み合わせて作ってみたいものが頭に浮かび、さっそく行動開始。

物干しピンチハンガーって言うのですか?
洗濯物を干す時に使う四角い枠に洗濯バサミがたくさんついてる、あれです。
プラスチック製のものは意外に寿命が短くて、すぐにどこかが壊れてしまって‥。
補修しながら使ったりするのですが、使い勝手が悪かったり‥‥。
結局スチール製の物が長持ちすると言う結論に達しました。
で、いくつかある内の半数はスチール製なのですが、まだ残っていたプラスチック製の物がとうとう使えなくなってしまい、今回の廃物利用となったのです。
ジャーン!
ヘンテコリンな物干しハンガー完成です。
果たして役に立つかどうか、少々不安ではありますが‥。
小物を干す時などには使えなくもないかと思います。

まあ、一つ新しい物干しを買えばいい事なのですけれどね。
作ってみたかったのです。
つまらない私のお遊びの話にお付き合いいただきありがとうございました。



もうすぐ9月も終わりだというのに、今日もとても蒸し暑い日でしたね。
夏の間、家のまわりの草を放置していたら、伸びに伸びて‥‥。
とても見苦しい事になっていたので重い腰を上げて草取りをしました。
我が家のある住宅地は、人口の約半分が60歳以上というとても高齢者の多い地域なのですが、ご近所のお宅はいつも皆さんおうちのまわりを綺麗にしていらして‥‥。
50代の息子世代と同居の我が家が草ボウボウではお恥ずかしい‥‥というわけです。

小一時間、がんばって作業し汗がポタポタ‥‥。
でもお家のまわりはスッキリ綺麗になりました。
ふと気付いたら、わん達が上から見てくれていましたよ〜!

一体いつになったらさわやかな秋風が吹くのでしょうね。


昨日関東地方もやっと梅雨が明けました。
そして今朝の空はこんな色。
濃い青色の空に真っ白な雲がポカポカ浮いてまさに夏の空ですね〜。
梅雨明けを心待ちにしていた理由の第一は ↑ これ!
6月24日に赤しそを投入して一ヶ月あまり‥‥この日をじっと待っていました。
赤しそを入れてからが、カビの発生要注意なので、定期的にかめの中を覗いて一喜一憂。
一度、ポチッと白いカビを発見しましたが、そっと取り除き、35度の焼酎をスプレーして、 なんとか乗り切りました。
気持ち良さそうに夏の太陽を浴びるお梅さん達。
しそと梅酢のいい香りがしています。
1日1回一粒づつひっくり返し、三日三晩天日と夜露に当てます。
さ〜今年は良い梅干しができるかな?

2
ゆうゆう2月号の増刊号の中のコーナーでおススメキッチングッズを紹介させていただくというお話をいただきまして・・・。
普段私が使っていて、便利だなっと思っているキッチングッズの中で、圧力鍋、シャトルシェフ、耐熱ガラス保存容器の3つを紹介させていただくことになりました。

圧力鍋で玄米を炊いたところの写真を・・ということになり、さあたいへん。
我が家では、夫と私の朝食とお弁当が玄米なので頻繁に圧力鍋で玄米を炊きますし、それ以外でも煮込み料理や、短時間で柔らかくしたい煮物の時に圧力鍋を使っていますが・・・。
実は、私はお掃除や片付けがとても苦手で、お鍋を美しく保つことができないのです。
特にお鍋の外側がダメで気がつくと、茶色く焦げっぽくなってしまうのです。

なので、とても写真撮影に耐えられそうな姿ではなく・・・。
みがきました!!
beforeの写真はとても見せられず、ありません。
でもちょっと、汚れのなごりが・・・見えますね

DSC_2749
でも、まあまあ以前よりはぜんぜんきれいになり、炊きたての玄米と共に晴れてお披露目~!となりました!

それにしても、我ながらどうしてお鍋を美しく保つことができないのか・・???
たぶん、使用済みのお鍋を洗う時に内側はしっかり洗うものの、外側の洗い方が不十分なため次に火にかけた時に残っていた汚れが焦げ付いてしまう・・という事なのでしょうか。

こういうところにアバウトな性格が出るのですね~。
なさけない事です・・・。

今回はゆうゆう2月号の記事のおかげでお鍋がきれいになり、感謝です!

きれいになったお鍋を維持できるよう努力します!!

↑このページのトップヘ