カテゴリ: ソーイング

FullSizeRender
常日頃から縫いたいものはいろいろあれど…
ミシンに向かうまでがなかなかで…

一着縫ったので勢いがあるうちにもう一着です。
暖かくなってくると、やっぱり紺白の爽やかさを纏いたくなり…
生地のストックから選び出した、この生地で〜
最近は、物を少しでも減らしたくて、なるべくある生地で作る事を考えます。😅
FullSizeRender
生地を目一杯使って、このワンピースを作りました。
IMG_5237
ボートネックでふんわりシルエット、丈は長めです。
紺のカーディガンを羽織れば、もう今の時季から大丈夫ですね。
中に白っぽいパンツやスパッツを合わせたらどうかな〜
やっぱり縫い物は楽しい〜💕

出かける間際の…
…で今新幹線の中です!
伊勢の実家に行ってきまーす!

FullSizeRender
昨年の秋に縫ったこのワンピース、表がニットで裏がカットソーという変わった素材に惹かれて作ったのですが、とっても着心地が良くて、秋から現在までヘビロテ😅
そこで、このワンピースを裁った残り生地で、もう一着作る事にしました〜
FullSizeRender
でも前回、たっぷりフレヤーなデザインにしたため、残った生地に幅が無く、今回はほとんどストレートのタイトなワンピースになりました。
FullSizeRender
襟ぐりや袖はほぼ同じにし型紙もフレヤーの部分だけ変更しただけなので、あっという間に出来上がりました。
このワンピースを夫に見せたら、「同じのまた作ったの?」と💦
FullSizeRender
前回のは↑これ!
と、違いを説明すると、あ、なるほどね。と気の無い返事。
まっ、そんなもんですよね…
私にしてみたら、まったくデザイン違いなんです😤
FullSizeRender
まあ襟元は前回と同じ😅
IMG_5232
裾は両脇をスリット開きにしました。
足さばきのため、と、中に履くスパッツが見えても可愛いかな?っと。
IMG_5231
そして、これが残り布あるある😥
袖なんですが…
よーく見て下さい。
片方だけ少し足りず継ぎ足しました💦
FullSizeRender
でも着ちゃえば全然わかんない〜でしょ?
完成〜!













IMG_4379
まずはピアノのお話から。
我が家には、昔、夫が子供の頃弾いていたピアノがあります。
私達が結婚しその直後に札幌転勤になった時、なぜかそのピアノも私達と一緒に北海道に渡りました。
恥ずかしながら、私はピアノが弾けませんので、夫がたまに弾いたり…子供が生まれてからは子供達が弾いたり…
その後何度かのお引越しの時もずーっと一緒に移動し、今も我が家のリビングにあります。
でも今は…誰も弾かなくなってしまって😓、最後に調律したのはいつだったか…忘れてしまうほど😢
そのピアノのカバーがすっかりボロボロになって角も擦り切れてしまって…
思えば、前回カバーを縫ってから15年は経っていますから、当然ですね💦
それで今回作り替えることにしました。
どんな生地で作ろうかいろいろ考え、生地のストックから選んだのが↑このハワイアンプリントです。
以前娘が自分の部屋でタペストリー風に使っていた生地で今はお役御免になっていました。
IMG_4380
でも、このままじゃあちょっと赤が強く派手な気がして、全体的に茶色っぽく染めることにしました。
FullSizeRender
染め上がったのがこちら。
白の部分がうっすら茶色っぽくなってトーンダウンしたでしょ?
IMG_5084
で、久しぶりにミシンがけ。
FullSizeRender
縫い始めれば、あっという間にできあがり〜!
こんな感じになりました!
家中木目だらけの我が家に馴染んだ仕上がりになって、ホッと一安心。
結構面積が広いので、内心不安だったのです😅

たまには、ピアノ本来の使い方してあげなくちゃね〜🎹



FullSizeRender
訳あって、急遽ブローチ必要〜!となりまして…
IMG_4521
数年前に作ったこのワンピースに合うブローチを作りました。
以前にもなんだか似たようなブローチ作った様な気がしますが…
ソーイングボックスの中から何か使える物がないか探して、レースのテープ発見。
これをなんとかする事に…
と言っても、ただぐし縫いして糸引っ張って縮めて、小さなお花を三つ作って…
まとめました。
FullSizeRender
何となく可愛く見えませんか?
FullSizeRender
付けるとこんな感じです。
どうですか?

スタイリスト石田さんのご本でもブローチや大振りネックレスを上手に取り入れたコーディネートがたくさん紹介されていますが、なかなかマスターできず…😢です。
訓練が必要〜

FullSizeRender
夫のフライトジャケットの補修をしました。
革製で内側が全てムートンになっているとても暖かいジャケットです。
寒い時期にオープンのクラッシックカーやバイクに乗る時の為に古着を探して購入した物なので、最初からかなり年季が入っていましたが…
最近になって革に穴があいて内側のムートンが見えてきた部分が見つかり、さあ大変!
夫、「やっと見つけた物なのに〜」と、大騒ぎ!
何年前の物かわかりませんが、結構古くて革が薄くなっている部分が所々に…
何しろ、我が家で一番防寒能力が高く、うちに来てからも結構使いが激しかったのかもしれません。
昨秋も娘が「ノルウェー行くからフライトジャケット貸して〜」と言って持って行き、娘とともに北欧を旅してきました。
FullSizeRender
FullSizeRender
ちなみに娘の着こなしは、こんな風です。
当然ですが夫が着ている時とは別物です。
話が横道にそれましたが、最初の写真をご覧いただいて…さてどこを補修したでしょう?
…って一目瞭然ですが…
FullSizeRender
革が薄くなって穴があいたのがこの部分。
小さな穴が3つありました。
いつもの生地屋さんに行ってなるべく違和感のない色の革の端切れを探して…パッチしました。
トリミングしているテープと全く同じ色がなくて、これが限界でした。
もちろんチクチク手縫いです。
革用の手縫い針も糸もあるので時間さえかければ、難しい仕事ではありません。
IMG_4454
反対側も同じ様に、補強。
見た感じ、どうですか?
まあ着ているうちに馴染んでくるかな?
どちらにしても、穴が空いているより良いですよね。
これでまだまだ活躍していただきますよ、フライトジャケットさん!





↑このページのトップヘ