カテゴリ: ソーイング


趣味で洋服作りをしている私ですが、いろいろ作りたい物があり過ぎて、どれから取り掛かろうか考えているうちに時間ばかりが経ってしまいます💦
そのうち作らなきゃいけない物、も出てきたりして‥‥。
なかなか作りたい洋服は完成しません‥‥

私の洋服作りは、そもそもキチンと洋裁を勉強した事はなく、学校の家庭科で習った知識+自己流 なので、ソーイング本の作り方ページにそって型紙を作るところから始まります。
例えば作りたい形のパンツがあればソーイング本の中からそれに近い形の物をさがします。
パンツひとつにしてもいろいろな形があって太さが微妙に違ったり、ラインが違ったりあれこれ見ているうちに時間はあっという間に過ぎてしまい‥‥time up という事もしばしば。
まあ、そういう時間もまた楽し!なのです。
‥‥ですから時間がかかるわけですね。

小さい子供の頃にはお人形さんの洋服を縫ったりした事もあったような気がしますから昔からそういう事が好きだったのでしょうね。
それがいつ頃から自分の服を作るようになったかというと‥‥。
学生時代に同じ下宿に被服科のお友達がいて、彼女が自分の部屋にミシンを持っていて洋服を縫っていたのですね。
それに影響されて、色々教わりながら作り始めたわけです。
きっとつつましい下宿生活で洋服は自分で縫った方が安上がり!とか思ってのことだったのでしょうね。
懐かしい学生時代です。
色々教えてくれて、ミシンも貸してくれた彼女に感謝ですね。

さあ作りたい物、形にしなきゃ〜!


趣味で洋服作りをしている私ですが、一着の洋服を作ると必ず中途半端な分量の布地が余ります。
制作途中で足りなくなるのが怖くてつい多めに布を購入してしまうのがその原因なのですが‥仕方ありません。
以前姪っ子がまだ小さかった時にワンピースかなにかを縫ってあげた時の余りのレース地を使ってプルオーバーのブラウスを作りました。
当然何か他の生地と組み合わせなくては足りず、布のストック箱から合いそうな布を探し出し‥‥。
身頃をレース生地で、袖を無地の生成りで。
無地の生成りは去年作ったブラウスの余り布です。
写真は衿ぐりを無地の生成り生地でパイピングしているところです。
身頃は生地を目一杯使って、Aラインにしました。
後ろはちょっと遊んでこんな感じに!
遠目には生地の違いがわかりにくいですが、寄ってみるとこんな感じです。
これで眠っていた余り布から一着完成!
去年作った紺のガウチョパンツに合わせてみようかな‥‥?


2月も後半になり、だんだん春めいてきましたね。
今日は春三番?が暖かい南風を運んできてくれました。
まだまだ冷え込む日もあるけれど、着実に春に向かってます!
私は先日から久しぶりに洋服作り。
年末に義母の服地を選んだ時に自分用に買った布でロングカーディガンを作ります。
薄手のカットソーですが、素材はウールです。
薄いわりにしっかりしていてとても縫いやすい生地でした。

衿が前立てとひと続きになったタイプで前ボタンなし、なので仕立てはとても簡単です。
この写真ではどういう風になっているのかわかりにくいですが‥‥。
 
中に合わせるワンピースと重ねて見るとこんな↑感じになります。
もちろんパンツでも合うはずです。
中に着る物でちょっときちんと見えたり、カジュアルになったり色々に着られて便利かな〜といつものことながら自己満足、自己満足。

今週は週始めから、義母の洋服作りに専念し、昨日までミシン部屋にこもってました。
義母は、今度お誕生日が来たら80歳になると言う年齢ですが週に2回水中ウォーク、週に1回体操教室という、私から見たらとても元気な日々を送っています。
でも、本人が言うには、とても調子が悪く決して元気ではない‥‥そうです。
そして、一番の悩みの種は体型(骨格?)の変化のようで‥‥。
これまで普通に着られていたお洋服が着られなくなってしまったとか。
先日、親戚に不幸があり、喪服で出かけようとしたら、ボタンが掛からない‥‥。
‥‥で、大慌て。
それで、私が洋服作りを仰せつかったわけです。
私は基本的に手抜き洋裁しかしないので、出来上がりは保証しません、と明言した上で引き受けました。
そして、生地を選びにいつものお店鎌倉スワニーに行ったら‥‥。
義母が見事にスワニーマジックにかかってしまい‥‥。
三着分も生地を購入!
ええっ?三着?💦
一番左は喪服用のコットンサテン。
真ん中は綿のスウェット生地。
左がウールとポリエステルのニット地。
何しろ、すでに師走が始まっているわけですから、これは一気に仕上げてしまうしかない!

シンプルで体の線がわからない喪服、という注文でこのワンピースになりました。
五分袖で夏もOKに、冬は暖かいマーガレットを羽織ればいいという事に。

後ろはギャザーたっぷりです。
寄るとこんな感じ。
次がスウェット地のチュニック。
襟ぐりに紐が入っていてギャザーを寄せて結びます。

三着目もチュニック。
後ろはギャザーたっぷりです。
そして、どれも右の方が着丈が若干長め。
義母が着るとまっすぐに見えます。
大急ぎで作ったので、義母が老眼じゃなかったら、大変ですね〜!

義母を見ていると、年老いて行く自分自身を受け入れる事が如何に難しい事かを痛感し、考えさせられます。
少しでも楽しい老後を過ごしたいものですよね。
義母の楽しい毎日のためにほんの少しでもお手伝いできればいいのですが‥‥。


なんとなんと、今日で11月も終わりですねー。
やっぱり冬が近づいて寒くなってきました。
何となく今年はいつまでも暑いような気がしていて、ホントに冬来るのかなぁ〜なんて思ってましたが‥‥来たようです。

だから、というわけではないけれど、コーデュロイでスカートを作りました。
グレイ系柄のスカートが欲しくて、生地のストック箱をさがしたら、↑ こんな生地が出てきたのです。
花柄でちょっと可愛すぎだけど‥‥。

遠目に見れば、そうでもない?ってことで。
あっという間に完成!
生地の幅のままギャザーを寄せただけです。
ウェスト部分はこんな感じ。
最近、スカートのベルト部分はこんな風にしてしまいます。
特にベルト芯も使わず、5センチ幅くらいの布で縫い代を包むだけなので簡単です。
自己流ですが、自分が着るぶんには問題無しです。

薄いグレーのセーターに合わせ、黒いブーツを履きたいと思ってます!

やっぱり自分で縫ったものでオシャレするのが楽しいですねー!




↑このページのトップヘ