カテゴリ: ソーイング

FullSizeRender
訳あって、急遽ブローチ必要〜!となりまして…
IMG_4521
数年前に作ったこのワンピースに合うブローチを作りました。
以前にもなんだか似たようなブローチ作った様な気がしますが…
ソーイングボックスの中から何か使える物がないか探して、レースのテープ発見。
これをなんとかする事に…
と言っても、ただぐし縫いして糸引っ張って縮めて、小さなお花を三つ作って…
まとめました。
FullSizeRender
何となく可愛く見えませんか?
FullSizeRender
付けるとこんな感じです。
どうですか?

スタイリスト石田さんのご本でもブローチや大振りネックレスを上手に取り入れたコーディネートがたくさん紹介されていますが、なかなかマスターできず…😢です。
訓練が必要〜

FullSizeRender
夫のフライトジャケットの補修をしました。
革製で内側が全てムートンになっているとても暖かいジャケットです。
寒い時期にオープンのクラッシックカーやバイクに乗る時の為に古着を探して購入した物なので、最初からかなり年季が入っていましたが…
最近になって革に穴があいて内側のムートンが見えてきた部分が見つかり、さあ大変!
夫、「やっと見つけた物なのに〜」と、大騒ぎ!
何年前の物かわかりませんが、結構古くて革が薄くなっている部分が所々に…
何しろ、我が家で一番防寒能力が高く、うちに来てからも結構使いが激しかったのかもしれません。
昨秋も娘が「ノルウェー行くからフライトジャケット貸して〜」と言って持って行き、娘とともに北欧を旅してきました。
FullSizeRender
FullSizeRender
ちなみに娘の着こなしは、こんな風です。
当然ですが夫が着ている時とは別物です。
話が横道にそれましたが、最初の写真をご覧いただいて…さてどこを補修したでしょう?
…って一目瞭然ですが…
FullSizeRender
革が薄くなって穴があいたのがこの部分。
小さな穴が3つありました。
いつもの生地屋さんに行ってなるべく違和感のない色の革の端切れを探して…パッチしました。
トリミングしているテープと全く同じ色がなくて、これが限界でした。
もちろんチクチク手縫いです。
革用の手縫い針も糸もあるので時間さえかければ、難しい仕事ではありません。
IMG_4454
反対側も同じ様に、補強。
見た感じ、どうですか?
まあ着ているうちに馴染んでくるかな?
どちらにしても、穴が空いているより良いですよね。
これでまだまだ活躍していただきますよ、フライトジャケットさん!





FullSizeRender
実家で探し物をしていて、↑ こんな物を見つけました!!!
「毛絲編の手ほどき   主婦之友(十一月號)附録」
と書かれています。
発行の年を確認してみると…
なんと!昭和七年!
今91歳の私の母が昭和2年生まれですから、母が5歳の時の主婦之友の附録です。
という事は母の母、私の祖母の物だったのでしょうか。
母に見せてみましたが、「そんな古い本どうしたんやろ?」と全然覚えていない様子です。
母の着ていたカーディガンのボタンが取れそうになっていたので、裁縫道具を探していて、古いミシンの引き出しから見つけました。
FullSizeRender
中はこんな感じで、毛糸編みの編み方が細かく丁寧に解説されています。
編み方の説明図は写真ではなくすべて絵です。
図の順番は、い、ろ、は。
そして文章は旧仮名遣いです。

こんな本が残っていたなんて、びっくり!

多分、祖母が買った昭和7年11月号の主婦之友の付録だったのですね。
そういえば祖母は編み物が好きでした。
私の記憶にある祖母は、祖父が亡くなった後一人で暮らしていた時期、いつもレース編みをしていました。
いろんな形のドイリーをたくさん編んで皆さんにプレゼントしていましたっけ…

そしてこの本はその祖母から母に受け継がれたのでしょう。
母は今でこそ何もしませんが、昔は刺繍や編み物もよくしていましたし、洋裁もしていて私達が子供の頃はよく洋服を縫ってくれていました。
私の手作り好き、縫い物好きは、ここにルーツがあったのですね、きっと。
そして今、こうして主婦の友社にご縁をいただいているのですから!!!
私にとって、この古い付録本は、バイブルなのかも知れません!
おそるべし!主婦の友!

IMG_3809
九州で12月をむかえ、あっという間に10日も過ぎてしまいました。
気付いたら急に寒くなって突然冬が来た!
という気がしています。
待っていたゆうゆう1月号もすでに発売になっています!
IMG_3812
久しぶりに私も「冬のお出かけ服拝見」のコーナーに出させていただいています。
華やかな雰囲気の書道家  高木 雛さんをはじめ、6人のゆうゆうモデルがセルフコーディネートで登場!
みなさん、それぞれ良くお似合いの素敵なスタイリングで、参考にしたいアイデアもたくさんです。
IMG_3810
私は今回このワインカラーのワンピースをメインにしました。
これは娘が60歳のお祝いにプレゼントしてくれたもの。
私が桐島かれんさんのファッションに興味を持っているのを知っていた娘がかれんさんのブランド、ハウスオブロータスで選んでくれました。
ワイドパンツは、以前ここでも書きましたが、ワインレッドに合うベージュで手作りしました。
IMG_3811
こちらはちょっとそこまでのワンマイルウェア。
全て自作です。
ブラウスはダブルガーゼの細いストライプ。
ボトムは厚手麻のガウチョパンツ。
ロングカーディガンはニット地です。
以前ここでもお見せしましたモコモコバッグも合わせました〜

書店で見かけたら、手に取ってみてくださいね!

FullSizeRender
FullSizeRender
おばあちゃんが冬に向けて暖かいニット地でチュニックを縫って欲しい…と言っていたので、一緒に生地選びに行き、(訳あって)大急ぎで縫いました。
81歳になった義母は、今年の春から夏にかけて頚椎手術、二ヶ月の入院、を無事に乗り越えてくれました。
最近は、元の生活に戻って、元気になったと私達は喜んでいるのですが…
ご本人は私達の感覚とは違って、以前よりも体の調子が良くないと感じているようで、気持ちも落ち込みぎみ…
そんな中、新しいお洋服が欲しいと思ってくれたようなので、これは良い兆候!早速作りました。
FullSizeRender
義母のリクエストで体型カバーのためのギャザー切り替えを前後に入れて…
↑こんな風に完成〜
これを着てお友達と楽しくお出かけしてくれれば良いのですが…
IMG_3459
そしてもう一着は自分用。
ワンピース。
IMG_3472
これこそ超特急!
写真では生地の感じがおわかりいただけないのが残念ですが表がニット、裏がカットソーという珍しい生地です。
分量たっぷりのロングワンピースにしました。

明日から、クラッシックカーラリーのお手伝いで3泊4日の九州行き。
出かける前の洋服作り💦をまたまたやってしまいました〜

↑このページのトップヘ