カテゴリ: お出かけ

IMG_0797
今日は6月最後の日。
梅雨らしく雨模様でした。
所用があり、とってもとっても久しぶりに電車に乗って出かけました。
幸いにも通勤通学の時間帯ではなかったので、電車が混み合っていることもなく、マスクをして😷、なるべくいろんなところを触らないようにして💦
FullSizeRender
この駅から徒歩3分のところで用を済ませて一目散にまた電車に乗って帰ってきました。
相変わらず、東京では感染者が減らず😓
心配ですが、緊急事態宣言が解除されて社会経済活動は動き出しましたものね。😰
大丈夫なのでしょうか。
FullSizeRender
出かける前に煮ていった豚肉肩ロースの梅酒煮と煮卵。
先日床下収納から出てきた、2002年の梅酒😳!見た感じ全然平気そうだったので、お肉を煮るのに使ってみました!
梅酒の甘みと酸味のおかげでお肉がとっても柔らかく美味しくできて、大成功!😉
IMG_0737
こちらも出かける前にぬか床に入れていった、きゅうりとかぶとにんじんのぬか漬け。
ほどよく漬かっていて美味しかった〜
IMG_0736
トマトとモッツアレラのカプレーゼ。(切るだけ〜✨)
IMG_0739
そしてもう一品時短簡単メニュー。
ズッキーニのオイル焼きチーズ乗せ🧀。
オリーブオイルで両面焼いたズッキーニに塩胡椒して、パルミジャーノを下ろしかけただけ!
これが美味しかったの〜
見た目も可愛い❤️

以上お出かけした日の夕食リポートでした。
明日から7月なんて信じられない…



IMG_0594
週末土曜日、ひょんなことから急にお友達ご夫婦と一緒にお食事する事になりました〜!
不要不急の外出はせず、自粛生活を続けてきたここ数カ月。
先日、緊急事態宣言が解除されましたが、まだ感染者が無くなる事はなく、これからも、手洗い、うがいの励行、なるべく人混みには出ない、三密を避ける、という生活を続けていかなければならないことに変わりはないですね…
そんな中、本当に久しぶりにお食事に…同じ鎌倉在住のお友達ご夫婦と、鎌倉の日本料理のお店に行きました。
カウンター9席というこじんまりとしたお店ですが天井が吹き抜けの様になっていて、開放感のある店内です。
そして、今は玄関のドアを開け放し、換気は十分な状態に。
完全予約制ですから私達4人の他はもう1組のみ。
京都で長く修行をされてきたというご主人の丁寧な日本料理はどれも一口いただく毎に「う〜ん、おいしい…」と声が出てしまう…
素材の味が生きていて、上品だけど、しみじみ味わい深い…何とも筆舌に尽くしがたいお味です。
先付けはじゅんさいと雲丹の冷たいあんかけ…とでもいうのでしょうか、雲丹とじゅんさいにコクのある冷たいとろとろのあんが絡んで、ため息物の美味しさでした。
IMG_0595
芋茎と青豆の煮浸し。爽やかな初夏らしい一品。芋茎の歯応えが◎。
IMG_0596
お造りはあじ。脂の乗ったあじが丁寧に造られていてたっぷりのネギとミョウガと一緒にいただけばより美味しい…
IMG_0597
IMG_0598
次から次に本当に美味しい物をいただいて
…私の拙い表現力ではかえって失礼なので、写真のみご覧ください。
そのうち、写真も撮るのを忘れて💦
この間、確か二品ありました。😅
IMG_0600
最後ははもの押し寿司。(食べ始めてしまって💦途中で慌てて撮りました。😅
焼いたはもはふわふわで刷毛で塗った美味しいお味が程よく染みて、上には葉山椒、中には山椒の佃煮。絶品でした。
さっぱりヨーグルト味のシャーベットで〆。
久しぶりに本職さんの美味しいお味を堪能させていただきました。
お誘いいただいたお友達ご夫妻はこちらのお店の常連さん。
自粛営業中にはとりすきのセットのお持ち帰りを召し上がったとか…2人揃って絶賛してました〜
お二人とは、何年か前から時々お食事をご一緒しながら楽しくおしゃべりをする!というお付き合いをさせていただいていて…ありがとうございます💕
久しぶりにゆっくりおしゃべりさせていただいて、とても明るい気持ちになれたお食事会でした。
FullSizeRender
いつもお世話になるばかりで、こちらの方が感謝しなければならないのに、今回はこんな素敵な頂き物もしてしまいました🙏
ご主人の経営されている会社の手拭いを作られたそうで…
その手拭い屋さんとの顛末を面白おかしく話してくださって🎶
手拭いを作っていただくのに面接を受けなきゃいけないとかで…
まあ早い話どの様な柄にするのかというご相談だという事ですが…
江戸の手拭い屋さんの粋な感じが伝わってくるとても面白いお話しでした。
FullSizeRender
その手拭いはこんな素敵な柄です!
粋ですよね!
彼の会社のお名前が「無十」ムトウと読むそうなのですが…
どういう絵柄にしましょうか、というその面接の中で決まったこの柄。
横六本と縦十本の格子柄!!にひらがな「む」の字!!
なんて粋な語呂合わせでしょうね〜
感動してしまいました!
どうもありがとうございました!

そして蛇足ですが、この熨斗に書かれている「松の葉」という言葉、ご存知でしたか?
「寸志」とか「粗品」とかと同じ様に使われてて、「心ばかり」という意味だそうです。
松の葉で包む程僅かばかり…という気持ちを表しているそうで、なんと粋できれいな表現なのでしょう〜お勉強になりました!
恥ずかしながら、私は知らず…感激してしまいました!!
Jちゃんご夫婦!重ね重ねありがとう!☺️

IMG_8814
ここ最近、外出自粛要請が続いているため、週末は雨が降っていなければ、犬達を連れてお散歩…というのがお決まりになりました。
毎朝のお散歩とは違ったコースを歩く事にしていて、「さあ今日はどこを歩く〜?」と、コース決めから始まります。
日曜日は我が家から比較的近い、切り通し探索に出かける事にしました。
お話は、およそ800年前源頼朝が鎌倉に幕府を開いた頃に遡ります。(笑)
少々大袈裟ですが😅
そもそも、源頼朝がなぜ鎌倉を選んだか。
「三方を山に囲まれ、一方は海に臨む」という鎌倉の地形がその理由の大きなひとつだったそうです。
東西北が山に囲まれ、南は相模湾に面していて、敵が侵入しづらく、防御しやすいと考えられたとか。
その山に囲まれた、谷あいが入りくんだ複雑な地形に、物資運搬のために山を切り開いて作られたのが、「切り通し」です。
敵の大軍が一斉に通るのを防御するために細く作られていると言われています。
鎌倉の周りには、「鎌倉七口」と呼ばれる有名な切り通しが7ヶ所あり、今も当時の風情が残っている場所も多く、鎌倉歴史散策として訪れる方がたくさんいらっしゃいます。
…前置きが長くなってしまいました😅が…
今回、私達が歩いたのは、この有名な7ヶ所の切り通しではなく、それ以外にも何ヶ所かあるうちの比較的小規模な、「長窪の切り通し」と「高野の切り通し」です。
しかもこの二ヶ所の切り通しは我が家から近く、歩いて30分くらいの所にあるのです。
…でもあまりに近すぎて?これまで歩いた事がなく、一度行ってみようという事になったわけです。
IMG_8807
まずは我が家から一番近い山散歩のコース六国見山に。
ここまでは15分くらい。
FullSizeRender
途中こんなきれいなすみれの群生がありました〜💕
こんな可愛いお花さん達に会えるのですから、やっぱり山歩きは楽しいですね〜
IMG_8804
六国見山の頂上を反対側に降りてしばらく歩くと…
IMG_8800
高野の切り通しです。
IMG_8809
こんなところにこんな道があったの〜???
というのが第一の感想。
意外にもこの近くの道路をしょっちゅう車で通っている場所💦でした…。
IMG_8794
IMG_8792
切り開かれた道の両側は地層がよく分かる
岩肌に苔が生えてとても美しい!
鎌倉時代の人々がこの道を歩いていたのかしらと思うと不思議な感覚になりました。
この切り通しを抜けると道は、突然、現代の住宅街に出ます💦当然ですが😅
その後しばらく住宅街の道路を歩き今度は長窪の切り通しへ。
IMG_8812
IMG_8810
こちらは先ほどの切り通しよりも更に切り立った壁が高く、道幅も狭くなっていて、かなりな見応えです。
一瞬でタイムスリップしたようで、感動的!!
当時、人力でこの道を切り開いた人達って凄いよね〜などと、800年前を偲ぶことしばし…🤔
歴史的ロマンを十二分に味わった後は→現実に戻ります💦

この長窪の切り通しを抜けて、また住宅街を少し行くと先ほどの六国見山への登り口があり、再び山を越えると、我が家に…。
ゆっくり歩いて二時間たらずのコースでした。

それにしてもこんなに近くに、当時のままの姿を残す切り通しが存在するなんて、やっぱり歴史の街、鎌倉なんですね〜😅
なかなか有意義な切り通し散歩、楽しみました〜!

IMG_8234
昨日は良く晴れて暖かい日になりましたね。
3月1日は一昨年、群馬の病院で亡くなった義叔父の御命日でした。
亡くなって二年という事は本来ならば三回忌の法要をするべきところですが、義叔父には、配偶者も子供もおらず、義叔父の兄にあたる義父も高齢のため法要は行いませんでした。
なので、夫と私が心を込めてお墓参り!😊🧡
FullSizeRender
ゆきやなぎとトルコキキョウ、薄いピンクの金魚草(?)をたっぷりとお供えしてきました。
とってもセンスが良くておしゃれな叔父だったので、そのおメガネにかないそうなお花を真剣に選びました!☺️
FullSizeRender
昨日も二年前のあの日と同じとっても良いお天気で抜けるような青空!💙💙💙
お寺さんのお庭はあちらこちらに梅の花が咲いてとてもきれいでした〜
FullSizeRender
IMG_8238
お墓にお参りした後は、このお庭を眺めながらゆっくりとお茶をいただいて、私達の方がとっても良い時間を過ごさせていただきました。
ありがとうございました!
叔父さんまた来ますね。


IMG_8056
葉山から少し横須賀方面に行ったところに、緑に囲まれた自然の中でランチをいただける場所があると、以前、娘に聞いていたので週末の晴れた日に行って来ました!
IMG_8098
大楠山の麓のだんだん細くなっていく農道を進んで行くと…
ぱぁ〜と開けた緑の空間🌿🌿🌿
遠くには山が見えていて、そのつながりの小高い丘の間にとってもかわいい農園が広がっていました。
IMG_8097
周囲には大きな木があったり、小川のせせらぎや坂道があったり…
ちょっと探検ごっこができそうな緑のトンネルがあったり…
それはそれは、わくわくが止まらないとっても魅力的な緑の楽園のような場所でした。💕
IMG_8095
こんな素敵な農園の中に食堂があってランチが食べられるというのです。
お米以外はこの農園で採れたものを全国各地の伝統的調味料を使って調理したというお料理だそうです。
FullSizeRender
冬の太陽の下で早速いただきました。
この日のメニューは色々お野菜の定食でした。
FullSizeRender
ごはんの上には刻んだ白菜と昆布の和えたものがのってました。
IMG_8072
左からにんじん、ブロッコリー、新じゃが。
色々説明していただいたのに💦忘れてしまった😅
IMG_8073
IMG_8074
とにかくどれもお野菜がとっても新鮮、美味しい、複雑な味付け…という印象でした。
IMG_8070
そしてこのお味噌汁が最高に美味しかった!
お味噌にもこだわりがあるそうで、優しいお味のお味噌でした。
FullSizeRender
IMG_8086
Dog OKだったので奈海も一緒に〜🎶
少し山歩きもできて嬉しそうでした。
IMG_8087
天気予報がとっても寒くなると言っていたので覚悟して行ったのですが、山に囲まれた農園はちょうど風の谷間だったようで、ぽかぽか日差しが暖かくて、お外ランチが最高でした!

また今度は違う季節にも行ってみたいな〜

↑このページのトップヘ