カテゴリ: お出かけ

IMG_8234
昨日は良く晴れて暖かい日になりましたね。
3月1日は一昨年、群馬の病院で亡くなった義叔父の御命日でした。
亡くなって二年という事は本来ならば三回忌の法要をするべきところですが、義叔父には、配偶者も子供もおらず、義叔父の兄にあたる義父も高齢のため法要は行いませんでした。
なので、夫と私が心を込めてお墓参り!😊🧡
FullSizeRender
ゆきやなぎとトルコキキョウ、薄いピンクの金魚草(?)をたっぷりとお供えしてきました。
とってもセンスが良くておしゃれな叔父だったので、そのおメガネにかないそうなお花を真剣に選びました!☺️
FullSizeRender
昨日も二年前のあの日と同じとっても良いお天気で抜けるような青空!💙💙💙
お寺さんのお庭はあちらこちらに梅の花が咲いてとてもきれいでした〜
FullSizeRender
IMG_8238
お墓にお参りした後は、このお庭を眺めながらゆっくりとお茶をいただいて、私達の方がとっても良い時間を過ごさせていただきました。
ありがとうございました!
叔父さんまた来ますね。


IMG_8056
葉山から少し横須賀方面に行ったところに、緑に囲まれた自然の中でランチをいただける場所があると、以前、娘に聞いていたので週末の晴れた日に行って来ました!
IMG_8098
大楠山の麓のだんだん細くなっていく農道を進んで行くと…
ぱぁ〜と開けた緑の空間🌿🌿🌿
遠くには山が見えていて、そのつながりの小高い丘の間にとってもかわいい農園が広がっていました。
IMG_8097
周囲には大きな木があったり、小川のせせらぎや坂道があったり…
ちょっと探検ごっこができそうな緑のトンネルがあったり…
それはそれは、わくわくが止まらないとっても魅力的な緑の楽園のような場所でした。💕
IMG_8095
こんな素敵な農園の中に食堂があってランチが食べられるというのです。
お米以外はこの農園で採れたものを全国各地の伝統的調味料を使って調理したというお料理だそうです。
FullSizeRender
冬の太陽の下で早速いただきました。
この日のメニューは色々お野菜の定食でした。
FullSizeRender
ごはんの上には刻んだ白菜と昆布の和えたものがのってました。
IMG_8072
左からにんじん、ブロッコリー、新じゃが。
色々説明していただいたのに💦忘れてしまった😅
IMG_8073
IMG_8074
とにかくどれもお野菜がとっても新鮮、美味しい、複雑な味付け…という印象でした。
IMG_8070
そしてこのお味噌汁が最高に美味しかった!
お味噌にもこだわりがあるそうで、優しいお味のお味噌でした。
FullSizeRender
IMG_8086
Dog OKだったので奈海も一緒に〜🎶
少し山歩きもできて嬉しそうでした。
IMG_8087
天気予報がとっても寒くなると言っていたので覚悟して行ったのですが、山に囲まれた農園はちょうど風の谷間だったようで、ぽかぽか日差しが暖かくて、お外ランチが最高でした!

また今度は違う季節にも行ってみたいな〜

IMG_7996
私達夫婦の大切な友人がこの海から突然旅立ってしまった日から、7年になりました。

今年は穏やかで暖かく良いお天気でした。
毎年2月2日は、朝、鎌倉市内のお寺にあるお墓にお参りし、その足で葉山一色の海に行って手を合わせる事にしています。
今回は夫が先週から出張で遠方に行っているため、私は彼の奥さんと二人でお墓から葉山の海に出かけました。

もう7年も経ったなんて早いね〜と、ずいぶん平穏な心持ちで会話ができるようになったものの、二人で色々話していると、以前の事が次々と思い出され、いつの間にか涙がぽろぽろ💧
そして、やっぱり、どうしてこんな事になっちゃったんだろう?…と考えても考えても終わりのない迷路に入ってしまうのです。💧
IMG_8002
でも今日は真っ白に雪をいただいた富士山と青い空と青い海が私達を迎えてくれて、救われました。
波間から、いつも前向きだった彼の「さあ元気出して!」という声が聞こえてきそうな晴天でした。
今、我が家の玄関先で咲いているフリルパンジーを数本、ワイヤープランツで束ねたミニミニブーケを波打ち際に流して手を合わせてきました。
そして今年は、その浜のすぐ上にある葉山美術館のレストランで彼女と二人で海を眺めながらランチをいただきました!🍽
「7年経ってやっとここでランチしようっていう気持ちになれたの〜!」
という彼女の笑顔にはやっぱり涙があふれていましたけれど…
海を見ながらのランチタイムは美味しく楽しいものでした。



FullSizeRender
入院中の義母を心配しつつ…

夫と私は、次のラリーの試走に出かけました。
次は5月後半に、横浜元町をスタートして、伊豆下田ー箱根を走り、横浜元町にゴールするというラリーを準備中です。
コースの詳細を決定するまでには、何度か試走が必要で…
今回はスタートの横浜元町を本番通りの時間にスタートして予定通りの時間にその日のゴール地点に到着できるか?を試す事とコース詳細の距離測定が目的でした。
なので、助手席の私は膝の上に置いた地図と↑写真のmap shot という計測器と首っ引きで、次の曲がり角や分岐点までの距離を測り、記録し続ける💦というのが仕事です。😓

14:00に横浜元町をスタートし伊豆下田のホテルに到着したのが18:30。
19:00のガーデンパーティースタートに間に合うか?というのが課題だったようでしたが、何とかクリア💦
IMG_7956
でも今の時期はパーティー会場はすでに日が暮れてこんな感じでした。😅
本番は5月後半ですから、かなり陽も長くなっているとは思いますが…

横浜から箱根を越えて伊豆半島を南下…というコースをひたすら地図と計測器を睨めっこ…。
さすがに疲れました。
翌日もコースの試走は続くので、ホテルに一泊。
到着した時は素晴らしい景色はもうすでに闇の中〜でしたが、温泉は楽しませていただきました〜♨️
FullSizeRender
FullSizeRender
翌朝は雲が多めながらこの絶景〜!
何と素晴らしい眺めでしょう!
FullSizeRender
海の色も曇っているのにこの色です!
晴れてたらどんなにきれいでしょう!
FullSizeRender
朝食会場からは既に満開の河津桜が見えて🌸最高でした。
朝から美しい景色に元気をいただき、二日目のコースにスタートしました。
IMG_7971
IMG_7973
伊豆松崎町の岩科学校です。
重要文化財に指定されている明治13年築のなまこ壁の建物。
こんな立派な学校が残っているのですね。
今回はここにも立ち寄るそうです。
IMG_7974
IMG_7975
再び山道を走ります🚙💨
たまに車を止めて休憩し↑きれいな景色を見るものの…💦
西伊豆スカイラインの曲がりくねった道は💦
膝の上の地図を見ながら…はさすがに😓きつい〜〜〜😩😫

何とか任務を全う⁉︎したものの…
帰り道はぐったり〜〜〜ダウンしました⤵️

もしや…おばあちゃんの風邪🤧うつったかな?






IMG_7759
お正月伊勢滞在の最終日。
と言っても、たった二泊三日なので三日目にはもう帰り支度をしなければなりません。
実家の建物は、母がサ高住に入ってからはだれも住んでいなくて、同じ敷地内に住んでいる姉が、朝晩窓を開けて風を通してくれています。
普段お世話ばかりかけている姉に面倒をかけたくないので、使ったシーツやタオルを洗濯したり、お布団を片付けたり、キッチンや冷蔵庫やゴミなども…
もちろん姉は、「後で私がやるからそのままでいいよ〜」と言ってくれますが、年末年始が忙しいお仕事の姉なので、出来るだけ自分達で、と思うわけです。
そんなお片付けをしている間に娘は籠を持って外に行ったと思っていたら…
庭に出てお花を色々集めてきました〜
蝋梅、椿、五葉松、千両、水仙…
あら〜こんなにいろんな花材があるのね!
と思わず感心してしまいました。
IMG_7760
「実がついている枝は縁起がいいのよねー」と最後に金柑の枝も…鎌倉のおばあちゃんに教わったとか。
娘曰く、「こんなお正月用のお花がお庭で色々揃うなんてすごいね!東京のお花屋さんで買ったらびっくり‼️な、お値段😱よ〜」
FullSizeRender
たくさん集めてきたお花を早速楽しそうに花器に入れる娘。
鎌倉のおばあちゃんにほんの少し教わったくらいで、ちゃんと生花のお稽古をした事はないけれど、お花が大好きで、お花を飾るのも好きなのですね。
自由に楽しく生ける事が一番だなぁ〜と眺めておりました。
とても素敵に出来上がりましたよ!
IMG_7764
お花がたくさんあったので小さめの花器にも。
可愛い生け花が出来ました。

姉の家に飾ってもらおうと、仕事に出かけてしまった姉の家に置いてきました。
私達が伊勢を後にして鎌倉目指してドライブ中、仕事から帰った姉から、感激のメッセージがきました!
「疲れて帰ったらお花があって気持ちがほっこりしましたよ〜」と。
庭仕事や花壇作りが好きで色んなお花を育てていた父と母でしたから、庭のお花をこんな風に楽しんでいたら、きっと喜んでくれるに違いないですね。

娘は今回たった一泊の伊勢滞在で、遠出もできませんでしたが、お庭でいつも通り目一杯楽しんでいて、こちらまで楽しませてもらいました。
FullSizeRender
最後に、亡き父が車庫に描いてくれたミッキーマウスの絵の前で、
「今年はネズミ年だからねー写真撮ってー」と。



↑このページのトップヘ