カテゴリ: お出かけ

IMG_2547
9月になったーと思ったら、すでに半ばも過ぎ早くもお彼岸ですね。
さすがに涼しい日が多くなり、寝具を取り替えたり、朝のコーヒーがホットになったりと季節の移り変わりを感じます。
今年の夏は早くから酷暑が続いて、夏終わるの???という感じでしたけどね。
秋は来ました!

例年通り昨日はおはぎを作り、朝からいただきました。
IMG_2561
ぬか漬けとお味噌汁でおはぎを一個二個という朝ごはんです。
IMG_2550
IMG_2548
珍しく夫も他に予定が無かったので、朝食後に義父母と一緒にお墓まいりに行きました。
お寺の周りには彼岸花がきれいに咲いてました。
ちゃんとこの時期になると咲いてくれる彼岸花。
自然ってすごいですね。
FullSizeRender
お墓や仏様にお供えするお花にはそれなりの生け方があるそうで義母が生けてくれました。
お墓が一気にはなやかになりました!

暑さ寒さも彼岸まで…のことわざ通り暑くなく寒くなく、さわやかで気持ちいいお墓参り日和でした。
IMG_2554
おじいちゃんは杖をついて、手摺りづたいにゆっくり…ですが今回も元気にお墓にお参りできて良かったです!
FullSizeRender
帰りはちょっと足を伸ばし、大船のお蕎麦やさんでお昼にしました。
創業大正11年という老舗で、松竹の撮影所が大船にあった頃は映画監督さんや往年の映画俳優さん達で賑わっていたそうです。
IMG_2559
なんとなく素朴な店構えですが…玄関入ってびっくり!
昭和感たっぷりの店内はお客さんがいっぱいでした。
カリッカリにあがった海老天がどーんと乗った 天ぷらそばをいただきました。
お蕎麦は色白で腰があるけどつるっつる。
だしのよくきいた おつゆも美味しくてさすが老舗という天ぷらそば!
幸せなお彼岸お中日のお昼でした。

FullSizeRender
このところずーっと雨模様の日が続いていてそろそろカラッとして欲しいなぁ〜と思っていましたが…
3連休最後の昨日、やっと晴れてくれて、洗濯物もすっきり乾きました!
そんな昨日は、敬老の日!

我が家ではこれまで特に敬老の日をお祝いしたりしてきませんでした。
義父母が50代の頃からずーっと一緒に暮らしていたので、取り立てて敬老の日をお祝いするなんて「もうお年寄りですね」と言っているようで気が引けて…。
でも気づいたらお二人は86歳と81歳になってました。
…だからというわけではありませんが😅
外でお食事する事なんて滅多にない義父母達、たまはいいんじゃないかな?と、お二人を誘って夕食に出かけました。
FullSizeRender
あえて、お二人に何が食べたいですか?なんて聞かず。
私達が行きたいお店に…という事でカジュアルなイタリアンです。
お料理もおじいちゃんおばあちゃんが食べられそうな物を選んであげて。
最近はあまりお酒も召し上がらないのですが、じゃあ今日は少しだけ、と小さいビールを!
私達は😅もちろん大きいビール🍺で!
これからもお元気で〜🍻と乾杯しました。
いろいろ少しずつ選んだお料理もみんな美味しいね、と食べてくれました。
ちょっと普段と違う雰囲気でのお食事でおしゃべりもはずみとても楽しそうで、良かったです!
また時々一緒に外食楽しみましょうね!
元気で長生きして下さいね〜!

IMG_2418
どんより曇り空だった週末日曜日、午前中はお家でゆっくりして…午後から娘と出かけて葉山の街をぶらぶらお散歩しました〜
最近はどこの街にも、ちょっと気の利いたお店や、おしゃれなカフェが、いつのまにか出来ていたり…という事が結構あって。
葉山も然り…です。
娘が少し前から気になっていたというお店巡りをしました。

まずはおしゃれなセレクトショップ。↑
こんな所に?というくらいわかりづらい場所の小さな木のお家。
目立つ看板もなく、半信半疑でドアを押して入って見ると…ナチュラルな雰囲気の可愛いお店でした。
オーガニック素材の着心地の良さそうなシンプルなお洋服や、暖かそうなニットがたくさん並んでいました。
あーもうそういう季節なのですね〜。
店内もさる事ながら、お店の周りの様子がとっても素敵で、興味津々!
植えられているお花を見ては、こんな風に植えたらいいのね〜とかね。
FullSizeRender
そこから少し歩いて…次はコーヒーショップです。
ロンドンに本店があるという「ダークアーツコーヒー」というお店。
2ヵ月前にオープンしたばかりだそうです。
IMG_2426
IMG_2427
お店の中はコンクリート打ちっ放し…な感じで、ロンドンの古いお店?(ロンドン行ったことないけど😅)ぽい雰囲気です。
IMG_2424
真っ黒のベーグルサンドとアイスコーヒーをいただきました。
玉ねぎと豚肉の炒めた物がサンドされていて、とても美味しかった!
コーヒーは香ばしいけれど苦くない…ちょっと焙じ茶に似たような、お味でとても飲みやすいコーヒーでした。
FullSizeRender
コーヒーはお抹茶をいただくお茶碗のようなカップに入っているので、ついついお茶をいただくような所作に…😁
IMG_2429
古着やアクセサリーなどの販売もあって、なかなか楽しいお店でした。
居心地も良くて娘とゆっくりさせていただきました。
IMG_2403
そして結局最後は海へ。
もしかしたら、雲の間から奇跡的に美しい夕景が現れるかも…と期待しましたが…残念〜
どちらにしても、葉山に来て浜に出ないのはありえない😅私達なのです。
秋の入り口が見えてきたゆったり休日でした。







IMG_2377
9月に入りましたね〜!
土曜日は曇り時々雨☂️の残念なお天気でしたが、お友達とのお約束で葉山一色海岸でスタンドアップパドルをしました。
FullSizeRender
このお二人、元はと言えばon the cob のお客様です。
ウィークデイは東京にお住まいで週末は葉山のお家で過ごす…という羨ましい生活を送ってらっしゃいます。
彼は、スペインの方、彼女は日本の方という明るくて楽しいお二人です。
週末葉山にいらっしゃると海に出かけその行き帰りに必ずon the cob に寄ってくださって、すっかりお友達になってしまったというわけです。
そしてon the cob が終了した次の週末に一緒にスタンドアップパドルをしてその後、彼のお得意パエリアをご馳走になる会!というのを計画したのでした。
IMG_2415
二人はスタンドアップパドル初体験でしたが直ぐにマスターしてとっても楽しそうでした〜
FullSizeRender
私達は、二人乗りカヌーで彼らを追いかけて海へ…
雲が多くてどんよりしてましたが久しぶりのカヌーはとっても気持ち良くて去りゆく夏を惜しむには最高でした!
IMG_2380
そして夕方には彼らのとってもおしゃれなウィークエンドハウスにおじゃましました〜✨
IMG_2383
彼のご自慢パエリアです〜✨
スペインのお母様直伝だそうですよ!
大きな海老がたくさんで豪華ですね〜
魚介のだしがよく出ていてご飯もよく煮えていて美味しかった!
IMG_2384
サイドディッシュは彼女が作ってくれました。
パンチェッタとブラウンマッシュルームのソテー。
パンチェッタの塩分と香りをまとったマッシュルームが最高でした。
IMG_2385
こちらはサルササラダ!
さっぱりジューシー🍅後引くお味でした。
みんなみんな美味しくて、お腹いっぱいいただきました。
夏だけの週末カフェのおかげでこんな素敵なお付き合いが始まるなんて、予想外のハッピー!!!
夏の終わりの楽しい夜でした!
IMG_2389










IMG_2247
IMG_2243
お盆ですね。
いつもはお盆前にお墓にお参りしてお花をお供えするのですが、今年は11日〜13日の三日間カフェ営業だったので少々遅れてしまいました。
一般的にはお盆休みというものがある会社が多いようですが、うちの夫の会社はみんな揃ってお盆休み、というのはなくてそれぞれ好きなところで夏休みをとるというシステムだそうで、夫はその夏休みもとっていません💦
本業が忙しい上に土日のカフェなんて始めてしまったのですから仕方ないですね。😅
IMG_2234
なのでお墓参りも私一人で行ってきました。
義父母を誘おうかと思いましたが、相変わらず暑くて暑くて…高齢者を無理に連れて行って何かあったら大変ですからね。
お彼岸の時に義父母を連れて行く事にします。
IMG_2237
北鎌倉は「谷戸」と呼ばれていますが、なるほど周りを小高山や丘陵に囲まれていて、今の時期は緑にすっぽり包まれている感、満点です。
我が家のお墓のある禅居院もまさに!
周りは、色濃い緑です。

私が子どもの頃は、三重県は伊勢にいたわけですが、おじいちゃんおばあちゃんが居て 、お盆には、大阪のおじさん、東京のおじさん達が次々に帰省してきて、とっても賑やかになったものでした。
井戸端にスイカを冷やしていて、みんなが集まるとおじいちゃんが縁側に持って来て切ってくれるのです。
冷たくて美味しかったなぁ〜。

お盆の前にはナスやキュウリに竹串で足をつけてお供えしたり、大きなナスの中味をくり抜いて中にろうそくを立てたり…
子供にとってはお盆ならではの楽しい事がいろいろあってワクワクしたのを思い出します。

今はすっかりそういうお盆らしい事がなくなって、ちょっとさみしいですね。
と、お墓参りをしながら昔の事に思いを馳せました。
IMG_2235
いつもの事ですが、我が家のお墓にお参りしながら、このお墓に入っているわけではない亡き実家の父や、すでに天国に行ってしまった大切な人たちに声をかけご挨拶しました。

今回もお墓で良い時間を過ごしてきました。





↑このページのトップヘ